映画:アベンジャーズ



 「日本よ。これが映画だ!」ってキャッチコピーに違和感を覚えるよね。だってこのキャッチコピー考えたのは日本人だよね。そんなわけでアベンジャーズの記事です。



●ストーリー(ネタバレあり)
 ニック・フューリー長官(サミュエル・L・ジャクソン)率いる国際平和維持組織シールド。その基地では地球で使用される何万倍ものエネルギーを持つ四次元キューブの研究が行われていた。しかし四次元キューブは突如制御不能となってしまう。それは神々の国アスガルドを追放されたロキ(トム・ヒドルストン)が地球支配をもくろみ、地球にあるこの四次元キューブに接続したのだ。四次元キューブは別世界につながるワームホールを開き、そこからロキがやってくる。ニックや、基地を守るエージェントのクリント・バートン(ジェレミー・レナー)はロキから四次元キューブを守ろうとするが、ロキの力で心を乗っ取り、セルヴィグ博士(ステラン・スカルスガルド)と共に連れ去っていく。
 四次元キューブを奪われ、ロキの目的を知ったフューリー長官は、上層部の反対を押し切ってあるプロジェクトを始動させる。そのプロジェクトとは“アベンジャーズ”。地球最強の7人のヒーローを終結させること。ニックは魔性のスパイと呼ばれるナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)、エージェントのフィル・コールソン(クラーク・グレッグ)と共に、キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)、インドの軽かったにいるハルクことブルース・バナー(マーク・ラファロ)、アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)を集める。
 一方、ロキはバートンはドイツへと向かうが、しかし予め行き先を予測していたアイアンマンたちは、激しい戦闘の末、ロキを捕らえることに成功する。そしてロキはシールドの空中要塞・ヘリキャリアの特殊監房に捕らえられる。ロキの兄・ソー(クリス・ヘムズワース)がロキをアスガルドに連行するために集まった。7人のヒーローが終結し、“アベンジャーズ”が現実のものとなった。しかし自分の意思に反して集められた彼らは、それぞれ心の傷を抱える彼らは1つのチームになることを拒む。それがロキの狙いでもあった。
 そこにバートン率いる部隊がロキ奪還を狙ってやって来た。彼らの奇襲によって宙に浮かぶこともこんなになったヘリキュリアを立て直そうとアイアンマンとキャプテン・アメリカが修理に乗り出す。一方、爆発の衝撃で我を失ったバナーは凶暴なハルクへと変貌し、暴れ出す。ヘリキュリアは外からも中からも破壊され絶体絶命に。ロキを逃がすまいと独房にやってきたソーは、脱走したロキによって逆に特殊監房に入れられ、地球へと落下させられてしまう。その隙に、混乱に乗じてロキはバナーを連れて逃走してしまう。
 ロキはセルヴィグ博士によってパワーを増強された四次元キューブを使い、宇宙から軍勢を呼び寄せる。
 ニックは上層部から、やはりアベンジャーズ計画なんて無理があったとせめられるが、地球外の軍勢が現れた今、頼れるのはアベンジャーズしかないと説得。
 そして人類史上最大の危機を前に、再び集まったアベンジャーズ。今度は地球を救う共通の目的を持ち、自らの意思で集まった。そして今反撃が始まる。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 もともと見なくても良いかなと思っていて、期待はしていなかったんですが…。うん。迫力はあった。けどそれだけだなぁ。もともと登場人物はアイアンマンキャプテン・アメリカしか知らず、ハルクに至ってはDVDで見ようと思ったのに寝てしまう始末。そんなだから、キャラクターに思い入れがあるわけでもなく、心の傷で一つにまとまらないと言われても危機の前にわがまま言ってるよくらいにしか思えないし。
 ヒーローの中でもアイアンマンのように最新兵器を備えたパワードスーツを着るヒーローがいると思えば、えっ?弓矢?ってな感じで差があって、最後は、ここまで引っ張っておいて、それ?ってな決着。
 さすがCGをふんだんに使って迫力ある映像に仕上がっているもののストーリーは陳腐で期待はずれでしたね。
 そして日本でも動員数も思ったほど伸びなかったそう。アメコミの認知度の低い日本では、公開をアメリカなど他国より遅くして、外国での実績をアピールする狙いがあったらしいのですが、それが裏目に出て他のメジャー作品と重なっちゃって、公開1週間は上映スクリーン数も半端なかったのに、2週目からはいきなり縮小気味。これは失敗しちゃったねという感じ。ありゃりゃ。




観て良かった度:●●○○○ 2点 最低1点、最高5点









"映画:アベンジャーズ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント