映画:劔岳 点の記



 ネットでの評判が結構良かったので、観ようかどうしようか迷っていたのですが観てきました。劔岳 点の記を観てきました。


●ストーリー(ネタバレなし)
 日露戦争後の明治39年、陸軍は国防のため日本地図の完成を急いでいた。陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎(浅野忠信)は最後の空白地点を埋めるため「陸軍の威信にかけて、劔岳の初登頂と測量を果たせ」という命令を受ける。立山連峰に屹立する劔岳は、その険しさを前にして、多くの優秀な測量部員をもってしても、未踏峰のままであった。創設間もない日本山岳会も、海外から取り寄せた最新の登山道具を装備し登頂を計画しており、「山岳会に負けてはならぬ」という厳命も受ける。
 前任の測量手・古田盛作(役所広司)を訪ねた柴崎は、あらためて劔岳の恐ろしさを知るが、アドバイスと共に案内人として宇治長次郎(香川照之)を紹介される。新妻・葉津よ(宮崎あおい)の励ましを受けて富山に向かった柴崎は、宇治と合流、調査のために山に入ったが、謎めいた行者(夏八木勲)の言葉「雪を背負って登り、雪を背負って降りよ」以外、登頂への手掛かりすら掴めずに帰京する。
 そして翌明治40年(1907年)、測量本番の登山へ。柴崎・宇治に測夫の生田信(松田龍平)らを加えた総勢7人で、池ノ平山・雄山・奥大日岳・釼御前・別山など周辺の山々の頂に三角点を設置し、いよいよ劔岳に挑む。
 しかし、劔岳山頂までの道のりは、想像を絶していた。ガレキだらけの切り立った尾根、雪崩や暴風雨など困難に続く困難が測量隊の行く手を阻む。超常までの登山路すら、見つけられず、そそり立つ頂を仰ぎ見るばかりの日々。重さ100キロ超の三角点用の石柱と測量器具を担ぎ、粗末な装備で挑むにはあまりにも絶望的な状況宇治の卓越した山に対する勘をも疑うなど、柴崎は焦りはじめていた。はやる生田は南壁を登ろうとするが、足を滑らせ転落する。軽い怪我ですんだものの打ちひしがれる7人。自分たちは本当に劔岳を登り切ることができるのか、命を危険にさらしてまで劔岳を測量する意味はあるのか、と言う迷いが柴崎の胸中をよぎる。
 一方、日本山岳会・小島烏水(仲村トオル)らも劔岳に挑んでいたが、測量隊同様、容易には進めない状況であった。ただ、山の尾根でひたすら三角点作りに邁進する柴崎たちを見て小島は自分たちとは違う仕事に対する考え方を思い知る。
 「我々は登るのが目的だが、あなた方は登ってからが仕事だ」
 立山温泉で治療を行っていた生田は測量隊に再び合流する。各人の手紙を持ち帰りそれぞれが大切な人に思いをはせる。柴崎には古田からの手紙が来ていた。
 「人がどう評価しようとも、何をしたかではなく、何のためにそれをしたかが大事です。悔いなくやり遂げることが大切だと思います。」
 今一度、皆に仲間として結束を訴える柴崎。そびえる頂を見て何度目かの挑戦をする。
 柴崎と宇治は、行者の言葉にヒントを見出す。
 一歩ずつ進む柴崎たちは、無事に頂上に到達し、地図作りの任務を終えられるのか…。

劔岳 点の記公式サイト より抜粋







●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 久しぶりのストーリーはネタバレ無しでしたが、感想にはネタバレも含んでます。。。
 冒頭でも書いたようにネットでの評判が結構高めだったので観に行ってきました。結論から言うと、そんなに絶賛するほどの映画ではなかったと思います。
 良かった点は、自然がとてもきれい。立山の四季がホントに美しいですね。大きいスクリーンでそれを観られただけでも観る価値のある映画だったと思います。
 2点目はエンドロールが「仲間たち」となっている点。登頂間際で宇治が、私は登りたい人の手助けをするだけだと頂上に行くことを遠慮しようとしますが、柴崎がみんな仲間だからと言うようなやり取りをするシーンがあります。映画もキャスト、スタッフ、関係者隔たりなく映画を作った人はみんな仲間だという配慮なのでしょうか。
 他の方の記事を読むと実際にスタッフもキャストも何時間もかけて山を登って撮影していたそうです。そう言う意味では本当に“仲間”なんでしょうね。(ヘリは使っていないと書いている記事もあるんですが、クレジットにはヘリコプターの会社がクレジットされているので、何らかの形で使ってはいるんでしょうね。)
 ちなみに公式ホームページにはクレジットが(たぶん)全部載っています。これ映画ファンにとっては嬉しいですよね。ちょい役とかで出ている人「あの人誰だっけぇ~?」って思っても普通の公式ページにはちょい役まで出ていないし、プログラムには書かれている場合もあるけどちょい役まで書かれていないこともある。
 フィルム・コミッションや協力まで書かれているから、「あ~、あそこで撮影したんだ。」なんて知ることもできますし。この映画のようにクレジットが全部観られると映画ファン的には嬉しいんですけどね~。

 ストーリー的には、なんか淡々と進んでいくのでそれほど感動はしなかったのですが、柴崎のリーダーや、宇治の謙虚さはかっこよかったです。香川照之って役者の幅が広いですね。キャストの話になったので、もう一人。松田龍平。僕が嫌いな役者の一人です。なんかこの人観ているとイライラするんですよ。実際に映画館で観た映画では悪夢探偵とか、恋するマドリとかありますが、なんかイライラ。劇中で女の子が生まれたというストーリーでしたが、実生活でも女の子が生まれたようで、おめでとうございます。
 ところで劔岳の測量をすることがどうして防衛になるんだろう?三等測量点がなくても、それほど防衛に影響するとは思えないのですが。。。測量に詳しいおりましたらコメントください。m(_ _)m 
 なんか、とりとめのない感想になってしまいましたが・・・。DVDでいいやと思っている人がいましたら、できればBlu-rayで観ることをオススメします。



観て良かった度:●●●○○ 3点 最低1点、最高5点






※キャンペーンは本記事掲載時のものです。実際のキャンペーン内容は各サイトでご確認の上ご利用ください。




"映画:劔岳 点の記" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント