ボージョレ・ヌーヴォー:今年もやってきましたね




 今年もやってきました。ボージョレヌーボーの解禁日。正直、まだ若くておいしい!って感じのワインではありませんが、毎年記念に飲んでます。
 最初は樹齢何十年のぶどうとか、高いものを買っていたのですが高いものも安いものも味はあまり変わらない気がするので(少なくとも僕には味の違いがわからないので)最近は安いものにしています。あまり多くとれない樹齢何十年のぶどうは希少価値が高いので値段も高いのですが、少なくとも素人の僕には味の違いはわからないんですよね~。
 ボジョレーの値段の多くはワインそのものの値段よりも航空便の郵送費。なので少しでも軽くしようと数年前から出始めたペットボトルワインですが、今年は数量にして半数くらいはペットボトルになったのだそう。すご~い。ボジョレーはすぐ飲むことが多いのでペットボトルでも問題ないですものね。
 そして今年のボジョレーの特徴はなんと言っても、出来の悪さ。“出来の悪さ”と書いちゃうとまずいのかと思わせてしまいますが、去年の記事にも書いていますが、ボジョレーの品質は毎年いいことしか評されないんですよね。ところが今年は花の時期に雨が降り、さらには雹(ひょう)も降ったため収穫量が毎年の半分程度。夏は日も降り注いだためそれほどぶどうの品質は落ちなかったそうですが…。
 そもそもワインなどは、“神の恵み”のぶどうから作ったお酒なので、評価が甘めなんですって。一方日本酒は神様にお供えするためのお酒。だから評価が厳しいんですって。どちらが良い悪いということではなく、飲む人それぞれが楽しんで飲めることが大事だと思います。


 そう。飲む人がそれぞれ楽しめればいいのです。毎年一人、もしくは会社の同僚と飲んでいましたが、ボージョレヌーボーの解禁日は15日でしたが、16日は入籍する予定の日だったんですね。と言うわけで今年は愛する人と一緒に飲めました。
 そして記念にケーキも焼いてくれました。
 ワインの出来よりも、やっぱり誰と飲むか、どんな話をするか、そちらの方が大事ですよね。


 去年はスーパーで買いましたが、今年はファミリーマート。各店競争が激化しているのか、セブンイレブンではnanacoで買うと200ポイントプレゼント、ファミリーマートではTポイント100ポイントなど、ポイントサービスなんかもやっていましたね。




ボージョレ・ヌーヴォーのお求めは
ボージョレ・ヌーヴォー
楽天市場
Yahoo!ショッピング








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック