映画:ノルウェーの森



 2010年74本目。2010年最後に観た映画はノルウェイの森でした。



●ストーリー(ネタバレあり)
 高校時代に親友・キズキ(高良健吾)を自殺で喪ったワタナベ(松山ケンイチ)は、誰も知っている人間がいないところで新しい生活を始めるために東京の大学に行く。そこでワタナベは読み漁っていた本の余白と同じような空っぽな日々を送るが、ある日偶然直子(菊地凛子)と再会する。直子はキズキの恋人だった。キズキはワタナベにとって唯一の友だったので、高校時代にはワタナベと直子も一緒によく遊んでいた。それからワタナベと直子はお互いに大切なものを喪った者同士付き合いを深めていき、ワタナベは透き通った目を持つ直子に魅かれていく。そして、直子の二十歳の誕生日に二人は夜を共にする。ところが、ワタナベの想いが深まれば深まるほど直子の方の喪失感はより深く大きなものになっていき、直子は結局京都の療養所に入院することになる。

 そんな折にワタナベは大学で、春を迎えて世界に飛び出したばかりの小動物のように瑞々しい女の子・緑(水原希子)と出会う。直子と会いたくても会えないワタナベは、直子とは対照的な緑と会うようになっていき、あるとき緑の自宅での食事に招かれて唇を重ねる。それはやさしく穏やかで、何処へいくあてもない口づけだった。その後、直子から手紙が届き、ワタナベは直子に会いに行けることになる。そこで、ワタナベは直子の部屋の同居人・レイコ(霧島れいか)のギターによるビートルズの「ノルウェイの森」を聴くことになる。それは、直子が大好きな曲だった。

「この曲を聴くと深い森の中で迷っているような気分になるの。どうしてだかわからないけど。一人ぼっちで、寒くて、暗くて、誰も助けに来てくれなくて…。でも、本当に一番好きな曲なのよ。」

「ノルウェイの森」を聴くといつも泣いてしまう直子は、ワタナベがいれば大丈夫と言っていたのだが、それでも結局直子は泣いてしまうのだった…。

ノルウェイの森公式サイトより抜粋。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 2010年のベストに本作品を上げている方も結構いましたが、ごめんなさい。僕にはあわなかった。こんな有名な文学作品ですが、全く知らなかったんです。勝手に日本版スタンド・バイ・ミーなのかと思っていました。ザ・ビートルズノルウェーの森も知らないので、劇中に出てきても気がつかず・・・。
 とりとめもなく続く暗い話。久々に途中で逃げ出したくなりました。
 ストーリーもよくわからなくて、幸せそうに見えたキズキがなぜ自殺を?直子のことが好きなワタナベの前に、直子とは正反対の性格の緑(彼氏持ち)が現れ、そっちにも惹かれます。言うならばお互い二股同士。さらに先輩に連れられ女の子と遊びに行く始末。さらに直子が死んだあともレイコさんと寝るの?(原作を読んでいる人ならわかるらしいが、映画で「そうした方が良いと思うの。」と言われてもさっぱり意味不明。)誠実そうなのに意外にやる性格。このあたりも共感できなくて。S○Xシーンあるいは連想させるシーンも多くて、今の時代の若者の方が性に対して開放的かと思っていたのですが、当時の方が意外に開放的?まぁ、今と違って昔は遊ぶものが少なかったからそうなるのかな?
 でもまぁ、菊地凛子はすごいね。難しい役柄を見事に演じていました。
 書きたいことはたくさんあるのですが、文学的なこの作品を僕が理解できていないだけだと思うので書かないでおきます。ストーリーも公式サイトの抜粋なのは、理解できていない僕が下手に書くと作品を傷つけちゃうかもしれないから。普通なら、他の人はどう理解しているのかな?と他の人のブログを読むのですが、この作品はそう言う衝動にも駆られませんでした。ベストにあげるほどこの作品を好きだと言える人の感性がうらやましい。いろんな感性を持ちたいですね。
 ストーリーも抜粋で、まともな感想も書いていないので、意味のないレビューで終わってしまいました。恥ずかしいのでTBは受け付けますが、他の方へのTBはしないでおきます。せっかくTBいただいた方には申し訳ありませんが...。






観て良かった度:●○○○○ 1点 最低1点、最高5点






※2010/11/01よりAmazonが配送する商品の配送料が無料になりました。



この記事へのコメント

KLY
2011年01月03日 14:45
コメントありがとうございます^^
私のこの作品に対する感想は「よく解らない」これに尽きます。映像表現だとか台詞回しは別として、お話としては印象的名シーンのダイジェストなのはアリアリですから。レイコさんなんて、何で最後寝てるの?って思ったし。原作を読んで原作が好きな人だけだと思いますよ気に入ってるの。
厳しい言い方をすれば読んでないのに好きといっている人は、作品の本質が見えていません。観終わってから原作を読んだ私としては、はっきりそう言い切れます。そのぐらい、重要な要素がポロポロ抜け落ちた作品です。多分今また見直したら受け止め方は初見とは大幅に変わると思います。でもそれはないです。根本的に好きになれないから。(笑)
2011年01月03日 21:42
KLYさん、コメントありがとうございます。
そうですよね。あのレイコさんなぜ?しかも「そうした方が
良いと思うの。」って何を根拠に?!
KLYさんは原作を読まれたんですね。僕はこの映画を観て
原作を読もうという気も起きませんでしたよ。。。
KLY
2011年01月03日 22:47
レイコさんはワタナベとは直子の死の哀しみを共有してるんですね。本来であれば療養所で彼女の生い立ちを聴くために2人だけで過ごす時間があり、そこで彼女が療養所に入る羽目になった背景なんかも語られるんです。
直子の事も含めて3人は全て赤裸々に自らのことを語っていて、あの直前にには直子のお葬式は最悪だったって話もするんですよ。2人で彼女を明るく送り出すためにお葬式をやり直そうっていって、ギターで50曲も奏でたりする。まあだからと言って私には2人がセックスをする気持ちに共感は出来ませんが、少なくともその位の親密度があるぐらいの事は理解できます。かなりの長さを全部すっ飛ばしていきなり「そうした方が良いと思うの。」って言われても「何で??」ですよね。(笑)
2011年01月05日 00:42
KLYさん、再度のコメントありがとうございます。
映画では描かれていないエピソードがたくさんあるんですね。それを省略して「そうした方が良いと思うの。」と言われても、さっぱりわからないですね。結局、原作は読んでいませんが、大事なところを省略しすぎなんですね。
いろいろ教えてくださってありがとうございます。
つるばら
2011年01月06日 15:28
よしなさん、あけましておめでとうございます。
ほとんどTBと気持ち玉ばかりで失礼していますが、今年も宜しくお願い致します。
ところでこの作品・・映画は未見ですが、
以前原作を読んだ事があって、その時、
最初は良かったんだけど、読み進めるにつれて、
なぜだか無償にどんどんムカついてきて(笑)
読み終わった後、思わず本を投げてしまいそうになった事を思い出しました。
(本は大切にしましょう~;;汗)
と言う訳なので映画は未見なんですが・・
予告編は雰囲気がすっごくイイ感じだったので、
もしかしたらイマこの物語にもう一回ふれると、
何か前とは違う感情~感想が自分の中に生まれるかもしれないなぁ??
・・って気は少ししてます。
ただ、やはり自分に合う合わないってあると思うので、
再度ムカついて終わり・・になるかもしれませんが(笑)
あと、菊地凜子さんやケンちゃんとか俳優さんにはとっても興味があるので、そちらには期待してます。
それでは・・今年も映画にバイクにダイビングに・・他色々頑張って下さいね。(^o^)
2011年01月07日 02:25
つるばらさん、遅ればせながらあけましておめでとうございます。
こちらこそTBばかりですみません。
僕は原作は未読ですが、原作も映画も見ているKLYさんのコメントを読むと、原作を気に入っていないと、映画も楽しめなそうですね~。

> 今年も映画にバイクにダイビングに・・他色々
> 頑張って下さいね。
ありがとうございます。
年に1つ、何かしら新しいことをやりたいと思っているのですが、今年は何をやってみようか悩んでます。。。
2011年01月15日 22:06
遅ればせながらあけましておめでとうございます

よしなさんはこの作品×だったんですね。私も今一気に入らなかった。配役が合っていなかったこともあるけど。
原作は当時気に入って読んだみたいです・・・その後の村上春樹作品はもっと理解不能になっていくんですよ。その世界観は何となく好きなんですが、娘もノルワウェーは好きじゃないけど理解できる。でも1Q84はダメ~って言っていました。
小説の世界と映像の世界は別物です。レイコさんの件も2時間枠では入れない方がよかったと思います。

今年も沢山の映画を観て独特の繊細な感想お願いしますね。楽しみにしております!
もしも何か始めるのならスノーボードとかどうでしょう?
2011年01月16日 12:10
Naoさん、コメントありがとうございます。もう時期が外れていますが、あけましておめでとうございます(笑)
読書はほとんどしない、特に小説は皆無なんです。村上春樹って浴名前聞くし、ベストセラーにもなるので万人受けするのかと思っていたのですが、そうではないんですか。僕は配役はそれほど気にならなかったんですが、やっぱり内容が理解できなかったのでねぇ~。配役と言えば菊地凛子って意外に鼻がぺっちゃんこ?!

スノーボードの提案ありがとうございます。スキーは以前は結構やっていたのですが、スノボーは全くやったことがありません。6年くらい前に腰をケガしてからは怖くてスキーも出来ない始末。なのでスノボーは残念ながら…。

この記事へのトラックバック

  • ノルウェイの森

    Excerpt: 1987年に発表され、社会現象にもなった村上春樹のベストセラー「ノルウェイの森」を映画化。監督は『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』のトライ・アン・ユンが務める。主人公ワタナベに松山ケンイチ、ワタナベと.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2011-01-03 01:04