ゲキ×シネ:蛮幽鬼



 お芝居(舞台)の録画を映画チックにアレンジしたゲキ×シネというニュージャンルももう8作目。ちょっと高めの値段設定だが実際の舞台を見に行くよりも格安で、見やすくアレンジされている。前から興味はあったのですが、なかなか上映時間と僕の予定があわずにいました。今回LOVE Cinemas ChofuのKLYさんがブログでもツイッターでもべた褒めだったので時間を作って見に行くことに。と言うわけで今回の記事はゲキ×シネ『蛮幽鬼』です。



●ストーリー(ネタバレあり)
 遠い昔。ようやくひとつの政権で統治され始めた島国・鳳来国では、大陸の技術や宗教を学ぶため音津空麿(おとつのからまろ/粟根まこと)、稀浮名(きのうきな/山内圭哉)、京兼調部(きょうがねのしらべ:川原正嗣)そして伊達土門(だてのどもん/上川隆也)は果拿(かだ)の国に渡る。
 帰国したら調部の妹・美古都(稲森いずみ)と土門は結婚をする予定であった。
 帰国の時が近い星降りの夜、調部が何者かに殺されてしまう。しかもその罪は土門に押しつけられてしまう。空麿も稀浮名も土門が犯人だと証言し、無実の罪で監獄島に幽閉されてしまう。
 土門は親友である調部を殺した犯人、そして自分が犯人だと証言した空麿も稀浮名に復讐を誓い続け、10年の月日がたっていた。その間、地下の監房から聞こえる声に励まされ、土門はサジ1つで脱獄するための穴を掘り続けていた。
 ある夜、その穴はとうとう完成した。その穴の先には奥深くに捉えられていたサジ(堺雅人)と名乗る男と出会う。土門はサジと、おなじく幽閉されていたハマン王朝の姫・ペナン(高田聖子)そしてペナンを助けに来た男と島を抜け出すことに成功する。
 10年もの歳月が経つ間に空麿は学問頭に、浮名は右大臣となっており、浮名の父・稀道活(きのどうかつ/橋本じゅん)と3人で果拿で学んだ宗教・蛮教を広め、お布施で金儲けし放題やっていた。一方、兄を失い、許婚まで失った美古都は、大君と結婚していた。
 ようやく鳳来国に戻った土門は飛頭蛮(ひとうばん)と名を変え、貧しい民に粥を分け与え、新しい教えを説いていた。そこにやってきたのは美古都と大君だった。美古都は大君に、今の鳳来国を救える教えであると大君に進言する。それがきっかけとなり、飛頭蛮は学問頭の空麿と討論をすることにする。
 一目見て大君の妻が美古都であることを悟った飛頭蛮は、自分を裏切り権力の誘惑に負け大君と結婚したことに腹を立てた飛頭蛮は復讐の矛先を美古都にも向け始めていた。一方、サジは大君を殺害し、亡き大君の遺言にしたがって美古都が大君となることになった。
 討論では空麿は果拿の国から師を招いていており、それを切り札としていた。しかし蛮教はもともとは果拿の国のものではなく、果拿の国が侵略したハマン王朝の教えであり、唯一の生き残りであるペナンが正当な継承者であることが明らかとなる。蛮教は今のような金儲けの教えではなく、「一人ひとりの心の中に神がいる。」という教えだと説く飛頭蛮が討論で勝利する。しかし美古都は、飛頭蛮の手下であるサジが前大君を殺害した噂があるという理由で、飛頭蛮を追放しようとする。
 美古都の父であり左大臣の京兼惜春(きょうがねせきしゅん/千葉哲也)は、噂だけでそのような仕打ちをするならば、稀道活、空麿、浮名も金を使って権力を奪おうとした罪で追放しなければならないと言う。それを力尽くで防ごうとした浮名の妻は惜春に切られてしまう。自分の浅はかな考えで切られなくてもいい人が切られてしまった。それを悔いる美古都は、父・惜春の言いなりとなってしまう。惜春の狙いはまさにそれだった。惜春は次の大君を狙っていたが、美古都が大君になった今、鳳来国の陰の王となろうとしていたのだ。
 飛頭蛮は、連行される3人の前に立ちはだかる。恨みを晴らすためだ。飛頭蛮に一矢報いようと向かっていく浮名だが、その浮名を空麿が切り込む。浮名を殺したのだから自分だけは助けてくれと懇願する空麿を、今度は浮名の父・道活が、さらに道活を空麿の父が切る。10年以上も待ちわびた復讐の結末に満足行かない飛頭蛮。しかも親友・調部を殺した実行犯、そしてそれを指示した黒幕がまだわからない。腑に落ちない飛頭蛮の前に鳳来国の兵が襲いかかる。その戦いでペナンが死んでしまう。怒った飛頭蛮は兵を全滅させるが、出兵を命じたのは美古都だと兵は言い残す。
 飛頭蛮は美古都を殺害しに都に戻る。しかし美古都は自分たちが襲撃するために潜んでいた場所を知らない。その場所を知っていたのは自分たちの他にはサジしかいない。飛頭蛮はサジを疑うようになる。
 すべては左大臣・惜春の思い通りにことが進んでいた。権力を欲しいがままにするため、自分の息子・調部を殺害させ、国の立て直しを本気で考えていた美古都を大君と結婚させ、そして自分が大君に君臨するために。しかしその頃、サジも鳳来国を乗っ取ろうと惜春を殺害していた。
 都に戻った飛頭蛮はサジから事の真相を聞かされる。飛頭蛮、美古都の警護をする刀衣(とうい/早乙女太一)、武人頭の遊日蔵人(あすかのくらんど/山本 亨)がサジを襲う。しかし暗殺者集団のローラン族の唯一の生き残りであるサジは強かった。3人でなんとかサジを倒すことに成功するが飛頭蛮も負傷してしまう。
 すべての黒幕は惜春、実行犯はサジ、そして美古都は鳳来国を立て直そうと考えていることを知った飛頭蛮は、大君自身の手で蛮族・飛頭蛮を殺さなければならないと、まだ愛し、愛される美古都の腕の中で死んでいく。そこには飛頭蛮の姿はなく土門として死んでいった。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 いや~!すごい。ホントにすごい。KLYさんが「必見です。観れば解る!
」と締めくくっていますが、ホントにその通り。失敗が許されないという舞台の緊張感と迫力、映画のようなカメラワーク、そして大画面とサラウンドシステムの音響がその迫力を何倍にも増強して、観る人を圧巻させます。これ、ホントにすごい。この作品はゲキ×シネ8作目ですが、その前の7作を観ていなかったことを激しく後悔しています。
 笑顔でなんの迷いもなく人を殺していくサジ役の堺雅人、女形の刀衣(とうい)役の早乙女太一、そしてなんといっても主人公・土門演じる上川隆也の太刀回り。すでに太刀回りというよりも踊りといった方がいいくらい、迫力もあるのに可憐で流れるよう。
 随所にちりばめられた笑いの箇所も。「なんぼの」と橋本じゅんが言うと、観客が「もんじゃ~い。」新橋演舞場が、お笑いの劇場になったかのよう。映画館だと、叫んでいたのは僕だけでしたけどね。
 魅力は書き尽くせないですが、最後に劇の中の台詞を1つ引用します。「当たり前のことを当たり前のようにする。それが奇跡だ。」(ちょっと違うかも。)

★追記
 橋本じゅんさんが現在体調不良で鋼鉄番長を降板するそうです。早く体調が戻られることを祈っています。




観て良かった度:●●●●● 5点 最低1点、最高5点






※終了期間未定の期間限定キャンペーンです。実際の送料は注文時にご確認ください。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ゲキ×シネ『蛮幽鬼』

    Excerpt: 8月2日(月)ゲキ×シネ『蛮幽鬼』@アキバシアター。 “げきぴあ” さんのご招待で、マスコミ試写に混じり鑑賞してきました。 ぴあさんにはいつもお世話になり感謝しております。 ゲキ×シネは、早く観たくて.. Weblog: あーうぃ だにぇっと racked: 2010-10-27 14:23
  • 『ゲキ×シネ 蛮幽鬼』劇場鑑賞。

    Excerpt: 4月末に前売り券[E:ticket]を購入してから、待ちに待った公開初日。 TOHOシネマズ名古屋ベイシティで観てきまし Weblog: ほし★とママのめたぼうな日々♪ racked: 2010-10-27 19:36
  • ??�???????

    Excerpt: ?????????????? ??????? ????????? ???????????????? 2010??????2010/10/02??? ??????? ??????????? ???.. Weblog: ???????????????????????? racked: 2010-10-27 22:19
  • ゲキ×シネ「蛮幽鬼」/上川隆也、堺雅人

    Excerpt: ほぼ鉄板と言ってもいいくらいの大アタリ率の高いゲキ×シネシリーズの第8作目です。今回は残念ながら劇団☆新感線の看板俳優の古田新太さんは出演されてないみたいなんですけど、そのかわりお気に入りの堺雅人さん.. Weblog: カノンな日々 racked: 2010-10-27 22:26
  • ゲキ×シネ「蛮幽鬼」

    Excerpt: 気の舞台をスクリーンで上映するゲキ×シネ作品、演出家いのうえひでのり率いる劇団☆新感線の“いのうえ歌舞伎”シリーズの1本だ。作家はゲキ×シネ「五右衛門ロック」の中島かづきが務めている。『モンテ・クリス.. Weblog: LOVE Cinemas 調布 racked: 2010-10-27 22:27
  • ??�?? ?????

    Excerpt: ?????????????????????2?????????????????? Weblog: ?????? racked: 2010-10-27 22:43
  • ??�???????(2010)/??

    Excerpt: ????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????... Weblog: NiceOne!! racked: 2010-11-06 05:10
  • ゲキ×シネ 蛮幽鬼

    Excerpt: 闇の友が囁く――復讐の道を進めと。その終わり無き荒野へと続く道を。遠い昔。ようやくひとつの政権で統治され始めた島国・鳳来(ほうらい)の国にまつわる物語。無実の罪で監獄島に幽閉された《伊達土門》(だての.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2010-11-08 13:54
  • 『ゲキ×シネ 蛮幽鬼』劇場鑑賞。

    Excerpt: 4月末に前売り券[E:ticket]を購入してから、待ちに待った公開初日。 TOHOシネマズ名古屋ベイシティで観てきまし Weblog: ほし★とママのめたぼうな日々♪ racked: 2010-12-17 19:46