初めての乗馬体験




 1つ前の記事で潜水士の資格試験を受けてきましたが、午前の試験から午後の試験まで2時間半もあるんです(1時間で退出したため。)というわけで、歩いて行ける範囲で何かないか、iPhoneの地図で検索。
 試験会場から歩くこと20分。千葉こどもの国 キッズダムに到着。ところが木曜日は休園日らしくお休み。でも定期バスは来るみたいですが、当然乗客は誰も乗っていません。
 残念でしたが、さらにそこから(試験会場に戻る方向に)30分歩いてフロンティアビレッジという牧場に到着です。


 いましたいました。馬です。顔に血管が浮き出ていますが、優しい目をした子です。


 栗毛のワイアット・アープという馬です。10年くらい前に同じ名前の競馬の馬がいましたが別の馬です。
 ツイッターでつぶやいた後、デジカメで写真を撮ったんです。その間、iPhoneは杭の上に置いておいたんですが、食べ物と間違えられてiPhoneが舐められちゃいました~。


 体験乗馬というのをしてみました。20分なんですが、すいている時は少しおまけしてもう少しやらしてくれるらしいです。今日は朝方雨が降っていて予約が入っていたお客さんがキャンセルになって時間があるからとおまけをしてくれると言ってくれたのですが、午後の試験があるのできっかり20分でお願いしました。ちなみに20分で料金は2,000円。
 おいくつですか?と聞かれ答えたのですが、「20歳くらいかと思いました。」と言われました。さすがに20歳は言い過ぎでしょう(笑)。
 試験会場が近いと言うこともあって、試験を受けに来た人を車で送って、試験が終わるまで時間があるからと遊びに来る人もいるそうです。試験終わってから体験乗馬する人もいるようですが、僕のように試験中に来たという人はいないそうです。


 乗り方、降り方、歩き方、方向転換、ブレーキを10分くらいで教えてもらいます。「ホントに初めてですか?」と言われました。「初めてとは思えないくらい筋がいいですよ。」と言われました。もう、口がうまいんだから。でも馬に乗るのは初めてではないんですよね。小学生の頃に1度だけ乗ったことがありますが、引き馬(馬に乗って、プロの方がヒモを引っ張って歩くだけ)をしたことがあるんです。でも自分で手綱を持って自分で馬を動かすのは初めて。思ったより動くのでちょっと怖いんですが、だいぶ慣れてきました。
 止まる時は手綱を引いて。止まっている間はちゃんと引っ張って、首をなでるそうです。「これがうまく出来ないと信号で止まっている間に動いちゃうと危ないですからね~。」もちろん僕は牧場の柵の中でやっているんですが・・・。「信号?えっ、なんで?」と思って聴いてみると、慣れてくると外を走るそうです。公道走っていいの?自動車の人、驚くでしょう。まぁ、あまり深くは突っ込まないで聞いていました。
 次のステップは早歩き。走るわけではないんですが、まぁ、早歩きです。すごい揺れて、おしりが鞍から跳ね上がってしまいます。「前屈みになっているからだよ~。」と注意され、背筋を伸ばしてまっすぐに伸ばして、足のくるぶし、腰、耳が垂直になるように姿勢を正して、足で馬をしめて固定するようにします。するとジャンプしていたのがすっと直ります。
 言うことを聞いてくれると首をなでてあげるんですが、体温が上がるのがわかります。
 朝方雨が降っていただけあって足場が悪いのにごめんね~。口に金属の棒をとりつけて、その棒を引っ張ったりするのでちょっとかわいそうな気もしますが、楽しかった。

 試験会場は、床がカーペットなんですが、僕の歩いたところは泥だらけで、干し草も落ちてました。掃除の方、ごめんなさい。m(_ _)m


 今年はボディボードに乗馬に、いろんな体験をしてみました。来年はもうちょっと乗馬をやってみたい・・・。でもちょっと股関節が筋肉痛です(汗)。









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック