検定:ロハス検定2級に合格!




 6月に行われたロハス検定を受けてきました。結論から言ってしまえば、なんとか2級に合格です。
 昨今、ecoがブームになっていて、僕も受けましたがeco検定なるものもあります。ecoとLOHASの違いは、エコは環境(地球、自然、動物など)に主体が置かれているのに対して、ロハスは環境と人間が対等。公式ページによると「自分(人間)も心地よく、地球にも役に立ちたい」という考えだそうです。

 ちなみに、点数も発表になるのですが、76点。試験当日、帰りにテキストを見直したら、間違えも多く(わからなくて間違えたものの他、ポカミスも多かった)、「落ちた」と思ったので、記事にしませんでした。
 会場には約30名ほどの受験者。やはり、3/4くらいが女性。

 どんな問題が出るのか・・・。
 例えばヴェリブ(パリで行われている乗り捨て型レンタルサイクル)、西洋医学の範疇に入らない代替医療では、未病や、東洋医学の考え方など、語句の意味を問う問題、甘味料についてや、立場の弱い生産者を守るための公正な取引が行われていることを証明するフェアトレードなど、環境はもちろん、ロハスのこと、またそれだけでなく多岐の分野にわたります。(マークシートではなく筆記試験。)
 eco検定のように、制度や歴史などを覚える検定とは違って、テキスト(半分以上は知っていることですが)を読んでいてもおもしろいと思うような内容もありました。

 試験が終わって帰ろうとすると、テキストの間違えがあったとプリントを渡されましたが、もっと間違えあるんだけどなぁ~。

 で、合格すると何があるのか?ロハス委員会が主催するイベントが会員価格で参加できたり、会員限定メルマガが配信されたりするそうです。ただし2年目は会費が必要。受験料とテキスト代の合計が11,550円もして、他の検定よりも割高ですから、イベントが安くなるのくらい当然のような気もしますけどね~。


 まぁ、別にイベントに参加したいとか言うわけで受験したわけではないですが、なんか新しいことを学んだり、普段使わない頭を使ったりっていうのが新鮮。
 他にも挑戦してみたい検定があるので、受けたらまた記事にしてみたいと思います。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック