ひとりごと:大丈夫かこのドラッグストア




 先日、ドラッグストアに行った時、前に並んでいた人が薬剤師に相談していました。症状はかぶれて痛がゆそうな感じ。薬剤師はいくつか軟膏を持ってきていましたが、その中にこともあろう事かオロナインH軟膏が!
 オロナインH軟膏は基本的に殺菌作用のある軟膏なので、かぶれには効かないし、それどころか症状が悪化する可能性があるため使用してはならない薬です。

 オロナインH軟膏をはじめとする第一類、第二類医薬品は一部の例外を除いて対面販売しかできません。もちろん安全性のためと厚労省は言ってますが、そんな規制をするよりドラッグストアの薬剤師のレベルを上げるようにするのが先決だろ!と言わざるを得ないこの現状です。
 ネット販売ならば薬を買う時に注意書きを読みます。しかし薬剤師から説明を受けたら、それが間違っていたり嘘でもお客はその情報を鵜呑みにして買ってしまいます。現状ではレベルの低い薬剤師の対面販売よりもネット販売の方がよっぽど安全だと思います。




この記事へのコメント

nana
2010年04月22日 20:52
よしなさん今晩は、良い一言だと思います。
nanaは大病した時担当医に原因は何でしょうかと聞きましたら「薬の飲みすぎです」の返事でした。テレビ等で効果のみを大げさに宣伝しますが、薬剤師さん達の教育費にも援助したらと思います。
2010年04月23日 09:24
nanaさん、こんにちは。
病院勤めの薬剤師さんは日々勉強と言ってました。でもドラッグストアの薬剤師は医薬品を購入した時に説明が書かれているバインダーをとりだして読むだけです。
薬剤師も自動車免許と同じで更新性にするべきだと思います。(今も研修制度があって、認定薬剤師というのはありますけど。)

この記事へのトラックバック