イベント:モーターサイクルショー2010



 昨年はフォトイメージングエキスポとダイビングフェスティバルが重なったおかげで、あまりモーターサイクルショーは見ることができませんでしたが、今年は単独だったのでゆっくり見ることができます。
 と言うわけで、会社の後輩を誘ってモーターサイクルショー2010に行ってきました。
 実は後輩との待ち合わせ場所に向かう途中に右折禁止を気がつかずに曲がってしまい2点の違反を切られてしまいました。違反を犯した者を待ち構えるよりも違反を起こさせないようにするのが仕事でしょ!と思うのですが・・・。無違反歴が3年半で途絶えてしまいました。これから3ヶ月は無違反を死守しないと・・・。



 会場に着く前にすったもんだがありましたが、なんとか会場に着き事前に買った前売り券で入場。入口すぐのところにあったDUCATIブースへ。
 友達がまずSportsClassic GT1000にまたがりました。

 一方、僕はMonster 696にまたがりました。大型免許をとったばかりの僕にとって1200ccとかはでかすぎなので。

 こちらはMULTISTRADE 1200S

 化学者をイメージしたコンパニオンさんがいろいろ説明していました。

 そろそろ次のブースへ。隣のハーレーダビッドソンへと向かいます。まずはFXDC。僕みたいに足が短くて力のない人はこういうシート高が低めのバイクの方が良いんでしょうけどね~。でもやっぱり僕はどちらかというとネイキッドタイプの方が。友達はハーレーがかなりお気に入りの様子でした。

 DYNAシリーズの最高峰
FXDWG。ここまでいくと“かっこいい”じゃなくて“美しい”です。

 僕のお財布と体力と技量からするとこのくらいが妥当でしょうか。XL883Nです。

 一生懸命バイクのパーツパーツ(特に足回り)を撮影する後輩。実はモデルさんの足ばかりを撮っている人たちもいたんですが、対象がバイクかモデルさんかの違いはあるにせよ、足の写真を撮っているにはかわりないですね。

 お次はカワサキ。国内の経済を考えると海外メーカーじゃなくて日本メーカーにするべきなんだけど、どうも惹かれないんですよね。

 と言いつつもいろいろまたがっちゃいます。
VULCAN900 Classic

 SUZUKIもパッとしませんでしたが、GLADIUSではレーシングアドバイザー北川圭一がサーキットで走っているモニターを見ながらまたがれるという体験コーナーがありました。ステージの上でちょっと恥ずかしいですが誰も並んでいないという不盛況ぶりだったので体験してみました。感想と言っても結局またがるだけなので・・・。

 今年のHONDAはなんといってもCB1100でしょう。またがれる展示も1台ではなく複数台あったにもかかわらず並んでいます。今年6月からTYPE IIがリリースされます。

 VFR1200。流れるようなフォルム。美しすぎる!

 VT1300CX。しずくのようなガソリンタンク。小さく見える燃料タンク(12L)と比較してアンバランスな1312ccの2気筒エンジン。これもうつくしぃ。
 昨年のモーターサイクルショーでは参考出品だったのですが、今回は市販車としての展示です。

 YAMAHAはもちろんVMAXY's GEARではカスタムパーツだけで80万円弱(+参考出品品)のカスタマイズされたVMAXにまたがれて、ご機嫌の後輩です。
 ちなみに僕的にはようやくカーナビのZUMO 550の後継機であるZUMO 660が4月か5月を目処に日本でも発売されるとの情報にご機嫌。本国で発売されてからすでに1年も経過しているので、そろそろ日本仕様も出てもいいのにと、去年から首を長くして待っていたので。今年は計画だけで終わりそうな気もしますが、北海道か九州までバイクで行きたいと思っているので、それにはバイク用のカーナビが必須ですよね。

 お次はBMW Motorrad。昨年試乗したF 800Rに後輩がまたがりました。(試乗した時に記事はこちら。)でも後輩はBMWは好みじゃないそうです。このF800Rも顔がかっこわるいですよね。

 僕も通勤用の100ccでお世話になっているKYMCO。ホンダから技術供与を受けている台湾のメーカーです。写真はラメラメスクーター。参考出品かと思いきや値段がついていました。大型バイクが買えるほどの値段です(笑)。

 ウエアやメット、グローブなどの安売りもやっていました。僕もライダーウェアは持っていますが革ジャンは持っていないんです。友達とツーリングに行ってもライダースーツだとイマイチ写真写りが。。。と言うわけで革ジャン欲しいなぁと思っていたのですが、なかなか良いのが見つからなくて。ちょうど65,000円の革ジャンが16,500円で売られていたので買ってしまいました。でもカードが使えなかったので持ちあわせがなく、後輩に借りてしまいました(汗)。

 ダンロップ

 イタリアのMalaguti


 モーターサイクルショーではカタログをもらう時にアンケートを書かされることがあるんです。去年までは“お持ちの免許”で“大型二輪”にチェックを入れられず悔しい思いをしていましたが、今年は胸を張って“大型二輪”にチェックを入れられました。ちょっと、いや、結構嬉しいです。
 それにしても見ちゃうと欲しくなりますね~。ネイキッドタイプが好きなんですが、アメリカンみたいな大人の余裕の走りみたいなのにも憧れるし・・・。
 通勤用の100ccも手放せないし、三脚も収容可能な240ccのスクーターも便利だし、かといって3台体制は乗りこなせないし。う~ん、まよっちゃうぅ。









この記事へのコメント

saas
2010年03月31日 19:45
KYMCOは台湾めーかd
2010年03月31日 21:25
saasさん、間違えのご指摘ありがとうございます。
韓国メーカーと書いてしまいましたが、saasさんのおっしゃる通り台湾メーカーです。失礼しました。
本文の方も訂正いたしました。
また間違えがあったらぜひご指摘お願いいたします。

この記事へのトラックバック