今年70本目 クローズド・ノート 観てきました。



 初日の舞台挨拶でいろいろありましたが、クローズド・ノートを観てきました。2007年、劇場&試写会で観た70本目です。今年は100本は無理だなぁ。


●ストーリー(ネタバレあり)
 先生を目指して教育大に通う堀井香恵(沢尻エリカ)は新しく越してきたアパートで、自転車にのった男がこっちを見ているのに気がつく。親友の池内ハナ(サエコ)と一緒に部屋を片付けていると、前の住人が忘れていったノートを見つける。見てはいけないとノートを元のところに戻した。
 大学の授業、マンドリンの部活、バイトに追われているうちにだんだんとノートの存在を忘れていった。
 ある日、バイト先のイマヰ万年筆に一人の男性がやってきた。見覚えがあるその男は、香恵が引っ越してきた当日、アパートを見ていた自転車の男だった。その彼が万年筆を試し書きしたいと言うので紙を渡すと猫を描いた。その猫を編だと指摘する香恵も猫を描いたが、へんてこな猫に彼も先輩の加奈子(永作博美)も笑った。
 そこにまた一人の男性がやってきた。彼は鹿島(田中哲司)。ハナの恋人だ。鹿島はおもむろに香恵の手を握り、ハナのことで相談したいと言う。迷惑そうな香恵をよそに、自転車の彼は帰ってしまう。
 後日、その自転車の彼はイラストレーターの石飛リュウ(伊勢谷友介)。ちょうど加奈子が読んでいた新聞の連載小説のイラストが彼の物だったのを発見したのだ。
 その後も何度か彼に出会い、香恵はそのぶっきらぼうな態度に惹かれていった。香恵は夏目涼(黄川田将也)の番組を見ながら、いけないと思いつつあのノートを開く。そのノートからは1枚の写真が。小学生の遠足だろうか。その真ん中に立っているきれいな女性を見つける。このノートの持ち主は小学校の先生なのだろうか。彼女の名前は真野伊吹(竹内結子)。このノートは伊吹先生の日記だ。この伊吹先生はどんな人なのだろうか。新米だけど一生懸命生徒とふれあう伊吹先生に興味を持った。そしてこの日記に時々登場する隆とはどんな人なのだろうか。香恵は好きな俳優・夏目涼と隆をダブらせ、香恵の頭の中で、妄想がふくらみはじめる。
 その一方、香恵の頭から離れなかったのは、石飛リュウ。家の前を通りがかったリュウを家に招待する。リュウは「楽器やるんだ」と言うと、香恵はマンドリンを弾いて聞かせる。するとリュウは窓から外を覗く香恵を絵に描き始めた。香恵はリュウにお礼にマンドリンの定期演奏会で花束を持ってきて欲しいと言う。
 そして定期演奏会。途中失敗し、指揮者の瀬川(篠井英介)ににらまれながらも、なんとか終了。そこに大きな花束を持った男性が登場。喜んだ香恵だったが、その男性はリュウではなく鹿島だった。その大きな花束を見たリュウは、持ってきた小さな花束を捨て、そのまま帰ってしまう。
 その事を知った香恵は、ノートに書かれていたパワーボールという料理をつくって、リュウの家に押しかける。そこで仕事仲間の山崎星美(板谷由夏)とはち合わせ。居づらくなった香恵はお弁当を持って帰ってしまう。
 その後も偶然に会ううちに、香恵はリュウに告白することを決意する。彼のアパートに行き、自分の気持ちをぶちまける。ところがアパートにいたのはリュウではなく、星美だった。彼女もリュウのことが好きだったが、リュウには好きな人がいた。それは真野伊吹。そう伊吹先生だったのだ。リュウとはイラストレーターとしての名前で、本名は石飛隆というのだ。気が動転した香恵はそのまま家に帰る。
 リュウは星美からその事を聞き、香恵のアパートに来た。そして香恵はリュウの口から好きな人がいることを聞かされた。
 香恵はノートを通じて元気をもらい、あこがれの的であり、そして好きな人が好きな人をもっと知りたくなった。そしてノートを返すため学校に向かう。ところがそこで伊吹先生の生徒から、伊吹先生が交通事故で亡くなったことを聞かされる。そして、登校拒否児であった水原君代(山口愛)に出会う。そして破れていたノートの最終ページをもらった。それは愛する人へと向けられたページだった。



●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 やっぱり沢尻エリカはかわいいなぁ。正直言って別に俳優さんと友達になるわけじゃないんだから、性格悪くても、役をきちんと演じてくれれば僕的には好きな俳優です。もちろん芸能人は見る人に夢を与える職業だからと考える人もいるとは思うので、そう言う人にとっては役者個々人の正確も大事だと思う人も多いでしょうけどね。
 映画自体は、前の住人、その彼氏、新しい住人という関係は恋するマドリを思い出しました。そう言えば恋するマドリも男性の名前はタカシでしたし。。。
 恋するマドリはほのぼのとした作品で、どことなく懐かしく、どことなく心地よい作品でした。クローズド・ノート手紙のように感動する作品を想像していましたが、ラブストーリーでもないし、最後の方でなんか無理矢理感が漂っているし。
 内容は全然知らない状態で観に行ったのですが、恋するマドリを見ていた所為か、引っ越しの時に自転車に乗った男がこっちを見ていた時点で、前の住人を好きだった人だなとわかってしまったし、あんな大事な日記をいつまでも取りに来ないと言うことは、海外に行ったか死んだかだろうけど、小学校の先生が海外転勤なんてないだろうから、死んだのだろうなと想像ついちゃうし。ストーリーは想像ついちゃって、ひねりがないなぁという感想です。
 純愛っぽい描き方をしていただけに、香恵がリュウにメールした時、ぉぃぉぃいつの間にメルアド交換しているんだよ?と思っていたら、それどころか、何でアパートの場所知っているんだよ?!いつの間にそんな仲に発展しているんだよ?!って思いました。そこまでしておいて、好きな人がいるから・・・って、そりゃそこまで思わせぶりな態度出しているリュウが悪いだろ~。
 ところで、ハナと鹿島ってどうなったんだろう?サエコ好きなんだけどなぁ~。鹿島も途中から出てこなくなっちゃったし。気になるなぁ。僕は男だからわからないけど、あんなに簡単に恋人の友達を好きになれるなんて。。。もしも香恵と鹿島がつきあったとしても、鹿島はきっとまた別の人を好きになる可能性が高いじゃないですか。そんな人を好きになる女性っているのかなぁ?ハナは相当男を見る目がないか、金持ちそうだからいろいろ買ってもらうためにつきあっていたのか・・・。って感じですよね。
 それと、クライマックスの小学生の言葉。「伊吹先生はお亡くなりました。」って。これって正しい日本語なんでしょうか?僕的にはかなり違和感あるんですけど。パソコンの漢字変換システムATOKで「お亡くなりました」は一発で変換できませんでした。「亡くなりました」なら違和感はありませんが、「お」をつけると急に違和感が。「お亡くなりになりました。」これなら一発で変換できるし、僕的にも違和感はありません。「お亡くなりになられました。」はATOKでは二重敬語として怒られました。googleで検索すると「お亡くなりました」は2,070件がヒット。「お亡くなりになりました」は242,000件、「お亡くなりになられました」は41,900件。日本語って難しいなぁ。
 それと香恵が右手で拳をつくって左鎖骨の下をたたく伊吹先生の癖を真似るシーン。日記にそんな仕草の内容まで書かないだろうと思うのですが、それを香恵がまねするのも違和感があった。百歩譲っても、イマヰ万年筆の前を伊吹先生と同じスクーターが走って、香恵が追いかけるシーンがあるのですが、自分の日記にどんなスクーターに乗っているか書く人はまれだろうに、なんで香恵がそのスクーターをわかるんだ?

 話は全く変わりますが、万年筆って便利なんですよ。何が便利って、CD-RやDVD-Rなどのメディアでプリンタ対応のメディアがあるじゃないですか。でもあれってボールペンじゃ書けないし、マッキーみたいなサインペンだとかすれるし、ペンがすぐダメになるし。。。そこで登場するのが万年筆。プリンタブルメディアに手書きするのは万年筆が一番書きやすい。そのためだけに万年筆買いました。今は200円程度で安い万年筆があるんで、便利ですよ~。イマヰ万年筆で売っているような高級なのは僕には似合いませんが。。。



観て良かった度:●●●○○






※1:一部商品を除きます。注文時にご確認ください。
※2:当記事掲載時です。実際の送料は注文時にご確認ください。






この記事へのコメント

masya
2007年11月10日 21:59
ファンタスティック4の後に観たんですが、沢尻さんはどうも透明人間の彼女に見えてしまって、上映中はまりまくってました。いろいろと話題の映画で、「べつに」発言や竹内さんの離婚の件等、ワイドショーねたが映画の面白さを殺してしまったように思えて残念でした。
伊勢谷氏も「嫌われ松子…」以来の拝顔で、今回初めて普通の役者さんに見えました。(未だにキャシャーンのイメージはありますが)
実は交通事故死していたというどんでん返しも、作品的には「…で、愛をさけぶ」ほど響かない映画でした。
無名の役者さんだけで作ってほしかったなあ。
「閉じられたノート」ってウーンどうなんだろう。

万年筆って、そうは使う機会ないと思いませんか?学校の先生ってキャップ付きの万年筆より「付けペン」(っていうかどうかは未確認です)を使っているイメージなんですよねえ。

「お亡くなりに」って、自分は使ってしまいますねえ。「お生まれに」っていうし…。
2007年11月11日 00:31
黄泉がえりも、実は死んでたパターンですからね。
closed noteのcloseは「(人と人の関係が)近接な」のcloseかと思っていました。見ず知らずの二人が日記を通して近くなっていく。そんなタイトルなのかと思っていました。でも、その意味だとcloseで形容詞なので、closedにはならないですね。
また、僕の英語力のなさを露呈してしまった。。。

「お亡くなりに」ではなく「お亡くなりました」なので違和感があったんです。
2007年11月11日 00:36
黄泉がえりも、実は死んでたパターンですからね。
closed noteのcloseは「(人と人の関係が)近接な」のcloseかと思っていました。見ず知らずの二人が日記を通して近くなっていく。そんなタイトルなのかと思っていました。でも、その意味だとcloseで形容詞なので、closedにはならないですね。
また、僕の英語力のなさを露呈してしまった。。。

「お亡くなりに」ではなく「お亡くなりました」なので違和感があったんです。
はっち
2009年05月06日 06:51
お邪魔します~♪
>性格悪くても、役をきちんと演じてくれれば僕的には好きな俳優です。
同感です!っていうか、彼女の周りの大人が、あんな風にしたんと
ちゃうの?まだ二十歳そこそこの女の子やん!?もうちょっと大目に
見てあげようよぉ~♪って思ってます。
2009年05月06日 21:37
はっちさん、コメントありがとうございます。
そもそもあんな振る舞いをしたきっかけは、プライバシー侵害、ねつ造記事を書いたり、しつこい記者に対してだったそうですよね。真相はわかりませんが。
あれ?そう言えば留学してましたけど、帰ってきたんでしたっけ?調べてみよっと。
なるる
2011年02月11日 16:05
愛ちゃんと友達なので一緒に見に行きました
楽しかったです

この記事へのトラックバック

  • 「クローズド・ノート」他人のストーリーを知った先にみるそれぞれの人生価値観

    Excerpt: 「クローズド・ノート」は雫井脩介原作の映画でとあるアパートに引っ越してきた女子大生が前の住人が残した日記を偶然読んだ事で筆者の歩んだ想いを共有し、その真実を知るストーリーである。今ではBlogなど日記.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2007-11-04 00:18
  • クローズド・ノート 49点(100点満点中)07-270

    Excerpt: マンゴー、マツタケ、マンドリン♪ 公式サイト 雫井脩介による同タイトルの携帯小説を映画化。監督は『世界の中心で、愛をさけぶ』で大ヒットを飛ばした行定勲。 過去と現代のそれぞれに、世代の異なる人気女.. Weblog: (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) racked: 2007-11-04 00:24
  • 若かりし日の気持ちを思い出す●クローズド・ノート (映画)

    Excerpt: ラストの唐突感は、『天国の本屋 ~恋火~』よりもマシだが、 三段跳びの、小さくても重要な「ステップ」を飛ばした感は否めない。 『Closed Note』 小学校の先生を目指す大学生・香恵は、母親の.. Weblog: Prism Viewpoints racked: 2007-11-04 00:27
  • 映画では味わえない余韻●クローズド・ノート (原作小説)

    Excerpt: 映画を絶賛した人も、映画に落胆した人も、映画を鑑賞しようか迷っている人も、 一度、原作小説を読んでみる事をオススメします。 『Closed Note』 著者:雫井修介 Weblog: Prism Viewpoints racked: 2007-11-04 00:28
  • 映画「クローズド・ノート」を試写会にて鑑賞。

    Excerpt: 18日、内幸町のイイノホールにて「クローズド・ノート」を鑑賞した。 客入りは8割ほどで女性観客が多い。主権は角川書店。 映画の話 女子大生の香恵(沢尻エリカ)は引っ越しの際、前の住人が忘れていった1冊.. Weblog: masalaの辛口映画館 racked: 2007-11-04 00:30
  • 「クローズド・ノート」

    Excerpt: 間違いなく現在公開中の映画の中で一番の話題作である『クローズド・ノート』。もちろんこの映画の主演女優がやらかした舞台挨拶での醜態のお陰である。僕は普段あまりこのテの映画は観ないのだが、ほんの気まぐれで.. Weblog: 古今東西座 racked: 2007-11-04 00:45
  • クローズド・ノート/沢尻エリカ

    Excerpt: エリカ様ってば、プロモーションとはいえテレビに出過ぎでしょ。行定監督で138分という長尺、そして過剰な宣伝。こういうのが揃うと経験則上かえって不安になるんですよねェ。そんな風にネガティブなイメージで臨.. Weblog: カノンな日々 racked: 2007-11-04 00:52
  • クローズド・ノート

    Excerpt: 今、話題のクローズド・ノート。 あの騒動の有無に関わらず、とりあえず見ようと思ってた映画だったので見てみた。 引っ越した先の部屋に残っていたノートを発見した香恵(沢尻)。 そのノートは、前の住人の真.. Weblog: 燃える管理人ブログ racked: 2007-11-04 00:55
  • クローズド・ノート

    Excerpt: 10月27日(土) 13:15~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフ:600円 『クローズド・ノート』公式サイト 映画の内容より、舞台挨拶での沢.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2007-11-04 00:58
  • 『クローズド・ノート』

    Excerpt: 沢尻エリカが不安でしたが楽しみにしていた「クローズド・ノート」。しかも豊洲のシネコンが1周年ということで9/29から1週間、千円で鑑賞できます♪【ユナイテッド・シネマ豊洲】(C)2007「クローズ.. Weblog: たーくん'sシネマカフェ racked: 2007-11-04 01:05
  • 『クローズド・ノート』鑑賞!

    Excerpt: 『クローズド・ノート』鑑賞レビュー! 私と彼女を結ぶ、世界でたった1冊の絆… ある1冊のノートから始まる 見えない「彼女」と運命のめぐりあわせ… 2007年/日本 公開日::::20.. Weblog: ★☆★風景写真blog★☆★healing Photo! racked: 2007-11-04 01:11
  • 心の力を信じている

    Excerpt: 260「クローズド・ノート」(日本)  教育大生の堀井香恵は、引越し先の部屋で偶然一冊の日記を手にする。日記には新任小学校教師の真野伊吹の学校生活と、隆という男性への恋と苦悩が書かれていた。  一方香.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2007-11-04 01:37
  • クローズド・ノート (竹内結子さん)

    Excerpt: ◆竹内結子さん(のつもり) 竹内結子さんは、現在公開中の映画『クローズド・ノート』に真野伊吹役で出演しています。 映画『クローズド・ノート』は1冊の日記を軸に、ヒロインの女子大生(沢尻エリカさん).. Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2007-11-04 02:01
  • クローズド・ノート~清純派・沢尻エリカ!

    Excerpt: クローズド・ノートですが、沢尻エリカは舞台挨拶とは別人のようでした。普通の清楚な大学生という感じで、引っ越し先で前の住人の日記を見つけます。この家を外から覗いている男がいるのですが、バイト先の万年筆屋.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2007-11-04 02:03
  • クローズド・ノート

    Excerpt: いけないと思いながらも読んでしまった“日記”が彼女の運命を変えていく・・・ 母親の再婚を機に一人暮らしを始める教育大生の堀井香恵(沢尻エリカ)。引っ越した先のアパートの部屋で、前の住人、真野伊吹(竹.. Weblog: 風我 racked: 2007-11-04 03:11
  • 「クローズド・ノート」ちょっと長すぎ

    Excerpt: 監督 行定勲少しあらすじ 大学生の香恵は引越したアパートで前の住人が残したノートを見つける。そのノートを書いたのは小学校教師の伊吹で、学校での悩み、隆に対する恋心がつづられていた。 香恵はアルバイト先.. Weblog: ももたろうサブライ racked: 2007-11-04 08:01
  • クローズド・ノート(CLOSED NOTE)

    Excerpt: 行定勲監督の「クローズド・ノート」(CLOSED NOTE)を訳せば、「秘密のノート」「打ち切られた日記」だろうか。この映画的には、どちらも正解で、竹内結子さんは、つまりそういうことなんだろう。彼女の.. Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン racked: 2007-11-04 08:44
  • 「クローズド・ノート」問題のないエリカたち

    Excerpt: 生エリカを見たことがある。一作目の「バッチギ」が公開された直後。『問題のない私たち』(監督・脚本森岡利行 黒川芽以 沢尻エリカ 美波)の舞台挨拶で岡山に来たのである。まさにブレイクする直前だった。その.. Weblog: 再出発日記 racked: 2007-11-04 08:50
  • 【映画】クローズド・ノート

    Excerpt: ■状況 109シネマズ佐野にて無料観賞券で観賞 ■動機 雫井脩介映像化企画第二弾 ■感想 沢尻エリカは正しい事を言っている ■あらすじ 香恵(沢尻エリカ)は引っ越した先で、前の住人が忘れていった1冊.. Weblog: 新!やさぐれ日記 racked: 2007-11-04 09:27
  • 「クローズド・ノート」

    Excerpt: 「クローズド・ノート」イイノホールで鑑賞 これも小説が原作の映画化。映像化しやすい内容でありそうなことは推測されますが、こういうのやっぱり行定監督はうまいと思います。景色の美しさ、光と影のコントラス.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2007-11-04 09:37
  • クローズド・ノート

    Excerpt: ★★★★  なんだなんだ、凄くいい映画じゃないか! ヤフー掲示板での評価が酷いのは、主演の沢尻エリカに対するイヤガラセに過ぎなかった。しかし沢尻エリカは主役とはいえないね。真の主役は、竹内結子以外の何.. Weblog: ケントのたそがれ劇場 racked: 2007-11-04 09:38
  • 映画「クローズド・ノート」

    Excerpt: 先日、映画「クローズド・ノート」を鑑賞して来ました。 Weblog: FREE TIME racked: 2007-11-04 09:55
  • 映画『クローズド・ノート』

    Excerpt: この週末は、楽しみにしていた作品がたくさん公開になりました。…で、ひとつめに選ん Weblog: いんどあかめさん日記 racked: 2007-11-04 10:05
  • クローズド・ノート

    Excerpt: 行定監督得意のセンチメンタルでノスタルジックな恋愛映画。物語終盤には驚きが用意されているが、これは最初から読めるオチなので効果は薄い。偶然に頼りすぎるし、女の子好みの設定に甘さがあるが、誠実な教師役を.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 racked: 2007-11-04 10:10
  • クローズド・ノート

    Excerpt: 人も万年筆も出会いを求めている。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2007-11-04 10:30
  • 【2007-138】クローズド・ノート Closed Note

    Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 前の住人が残した一冊のノート 覗いてしまった他人の心 彼女の恋 日記の恋 運命の恋が交差するとき── 彼女がたどり着く 隠された恋の真実とは? 私と彼.. Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2007-11-04 16:13
  • 58『クローズド・ノート』を鑑賞しました。

    Excerpt: 映画を鑑賞しました。秊 58『クローズド・ノート』 評価:★★★☆☆ → ☆☆☆☆☆(沢尻エリカの態度に不愉快なため) YUI.. Weblog: はっしぃの映画三昧! racked: 2007-11-04 19:19
  • クローズド・ノート

    Excerpt: 2007年238本目映画「クローズド・ノート」私と彼女を結ぶ、世界でたった1冊の絆。ストーリー教師をめざしている教育大学の香恵は、引っ越し先のアパートで前の住人の残していった1冊のノートを見つける。そ.. Weblog: 腹黒い白猫は見た!! racked: 2007-11-04 19:53
  • クローズド・ノート

    Excerpt: クローズド・ノート 試写会に行ってきました。 雫井脩介原作を行定勲監督,沢尻エリカ主演とそうそうたるキャストで映画化したもの。 大学生の香恵(江尻エリカ)は引越してきたアパートでノートを見つける.. Weblog: ikumu's note racked: 2007-11-04 20:51
  • “クローズド・ノート”を観賞

    Excerpt: 【関連リンク】 →映画公式サイト →「クローズド・ノート」原作 →映画「クローズド・ノート」Music Movie with YUI 大して興味もなかったが、各メディアでエリカ様が必死にPRしていた.. Weblog: 日常の穴 racked: 2007-11-04 21:16
  • クローズド・ノート

    Excerpt: ‘エリカ様騒動’で、この映画本来の持ち味・面白さを感じることが出来るのか・・・ まぁ、仕方ないか・・・‘不快感’のベールを纏ったままの観賞となりますな。。 一冊の他人の日記~その書き手の想いと自分.. Weblog: future world racked: 2007-11-04 23:08
  • クローズド・ノート☆独り言

    Excerpt: 予告でいっぱいネタバレしているような気がする『クローズド・ノート』観てきましたけど・・・エリカさま 舞台挨拶でやらかしてたんですね^^;;まぁ、主役だけど主役じゃないような気もするヒロインだったしなぁ.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2007-11-04 23:10
  • 『クローズド・ノート』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「クローズド・ノート」 □監督 行定 勲□脚本 吉田智子 伊藤ちひろ 行定勲  □原作 雫井脩介(「クローズド・ノート」角川書店刊) □キャスト 沢尻エリカ、伊勢谷.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2007-11-05 08:17
  • 「クローズド・ノート」映画として、ちゃんと観ようよ。

    Excerpt: あの“エリカ様、超不機嫌騒動”ばかりが話題になっております本作「クローズド・ノート」(東宝)。え~とね、主演女優の与太騒ぎよりも、映画をちゃんと観ましょうよ、ね!     母のデキちゃった再婚の煽.. Weblog: シネマ親父の“日々是妄言” racked: 2007-11-05 21:26
  • クローズド・ノート イイノホール 2007.9.13

    Excerpt: あらすじ:教育大に通う女子大生・香恵は、引越しの時に前の住人が忘れていった一冊のノートを見つける。しかし、日常の忙しさから、いつしかノートの存在を忘れていた。ある日、バイト先へ万年筆を買いに来た画家の.. Weblog: ◆JOY◆ ~映画鑑賞日記~ racked: 2007-11-05 23:25
  • クローズド・ノート

    Excerpt:  評価:☆      心の力度:80%  評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない)  『あらすじ』  母親の再婚を.. Weblog: 何書☆ねくすと racked: 2007-11-06 20:16
  • クローズド・ノート

    Excerpt: 覗いてしまった他人の心__一冊の日記に隠された、真実。 小学校の先生を目指す大学生・香恵は、母親の再婚を機に初めての1人暮らしを始める。そんなある日、彼女はバイト先の万年筆屋にやってきたイラストレー.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2007-11-06 21:18
  • 『クローズド・ノート』

    Excerpt: 感動度[:ハート:][:ハート:]       2007/09/29公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:] 笑い度[:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】行定勲 .. Weblog: アンディの日記 シネマ版 racked: 2007-11-10 17:32
  • 『クローズド・ノート』

    Excerpt: <注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} → 『クローズド・ノート』 (.. Weblog: アンディの日記シネマ版 racked: 2007-11-10 17:34
  • あんぱんち最新出演作&エリカ様ご乱心!『クローズド・ノート』舞台挨拶@日劇2

    Excerpt: 今回はあんぱんち最新出演作『クローズド・ノート』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、沢尻エリカ、竹内結子、黄川田将也、山口愛、行定勲監督と主題歌「LOVE&TRUTH」を歌うYUI。以前お伝えし.. Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2007-11-17 18:27
  • 私じゃダメです。(オイ)~「クローズド・ノート」~

    Excerpt: 沢尻エリカのイメージで ものすごく幻想を抱いてしまったのが ドラマ「1リットルの涙」。 それは、彼女が演じた役柄の一つにすぎず、 それが素の彼女でないこともわかっていて それでも、演技であれインタビ.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2007-11-18 00:53
  • mini review 07285「クローズド・ノート」★★★★★★☆☆☆☆

    Excerpt: 前の住人が忘れていった1冊のノートを読んだことによって、ヒロインが真実の愛に出会うまでを描く感動作。携帯サイトで連載され100万アクセスを突破した雫井脩介の同名小説を基に、1冊のノートによって結ばれて.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2008-03-22 07:25
  • クローズド・ノート

    Excerpt: 映画「クローズド・ノート」をDVDで観賞しました。 これ、思っていたよりもずっと良い作品でした。 教師志望の大学生・香恵が引っ越してきたアパートには 以前住んでいた人のノートが残されていた。 .. Weblog: 創作といろいろ racked: 2008-07-03 20:46
  • クローズド・ノート

    Excerpt: 私はエリカ様が好き。 例の事件で露出がかなり少なくなって 本当に残念です。 だからこの映画は絶対観たかった。 って、今頃かい。(爆) 教師を目指す大学生・香恵は、 母親の再婚を機に初めての1人暮らし.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2008-09-05 12:12
  • クローズド・ノート DVD

    Excerpt: クローズド・ノートのDVDを観ました~♪ このままだと、沢尻エリカの最後の作品になってしまうのなか!?(笑)うーん、この映画の沢尻エリカは普通だったかなぁ・・・ もっと光ってる演技する女優さんだと思.. Weblog: 観たよ~ん~ racked: 2009-05-06 05:57
  • クローズド・ノート&ACL準々決2戦ガンバ準決に進出

    Excerpt: クローズド・ノートは日本映画専門チャンネルでして 23日に鑑賞し結論は内容は別にと言えなかったね 内容は香恵が引っ越し先で忘れ物見付けた事から 香恵&持ち主&石飛リュウの切ない展開だね 先が読める.. Weblog: 別館ヒガシ日記 racked: 2009-05-06 09:35
  • クローズド・ノート

    Excerpt: 2007年:日本 原作:雫井脩介 監督:行定勲 出演:沢尻エリカ、伊勢谷友介、黄川田将也、篠井英介、竹内結子、永作博美、サエコ、石橋蓮司、中村嘉葎雄、田中哲司、板谷由夏 女子大生の香恵は、引越し先.. Weblog: mama racked: 2009-09-22 14:37
  • クローズド・ノート (2007)

    Excerpt: 奇しくも、昨日の「ナラタージュ」に続き、行定勲監督作品。特に作品外で、主演、沢尻エリカの、「別に」事件のハプニングがあり、紆余曲折あっただけに、干支を一周した現在見ると、海外深いものがありましたやはり.. Weblog: のほほん便り racked: 2019-03-26 12:27