オペラを題材とした映画「魔笛」を観てきました。



 もう終わりが近づいていたので、急いで魔笛を観てきました。


●ストーリー(ネタバレあり)
 第一次世界大戦の中、兵士のタミーノ(ジョセフ・カイザー)は毒ガスに襲われ命を落としかける。彼を助けたのは夜の女王(リューボフ・ペドロヴァ)の侍女を務める3人の従軍看護婦。彼女らが去った後に現れたのは毒ガスの有無を検知するためのカナリアを持ったパパゲーノ(ベン・デイヴィス)。意識を取り戻したタミーノはパパゲーノが助けてくれたと勘違いする。
 再び現れた看護婦らは女王の娘・パミーナ(エイミー・カーソン)の写真を見せるとタミーノは一目惚れ。彼女は暗黒卿ザラストロ(ルネ・バーペ)にとらわれの身となっており、看護婦らはタミーノにその救出を依頼した。タミーノとパパゲーノは女王からの贈り物として、魔法の笛とチャイムを渡され、3人の少年の手引きでザラストロの城に向かった。
 パパゲーノが偵察のために城に忍び入ると、パミーナはザラストロの部下モノスタトスに乱暴されようとしていた。驚いたモノスタトスはそのまま逃げ去り、パパゲーノはパミーナを説得し、外に連れ出す。
 一方タミーノは城に導き入れてくれた男と長い間話をする。その男がザラストロだと気がつかずに。タミーノは次第に女王の言うような悪ではないことを直感し、逆に平和を望む指導者であることを知る。
 タミーノはパミーナとパパゲーノの居場所を探るため、魔法の笛を吹く。それに答えるパパゲーノのチャイム。音を頼りに3人は合流することができた。出会ったタミーノとパミーナは一瞬にして恋に落ちた。
 城から逃げようとする時3人は捕まってしまうが、ザラストロの正体に気がついたタミーノは城に残り、戦場を楽園に帰るために、ザラストロはタミーノに試練を課す。
 まず最初に与えられたのは沈黙の試練。タミーノの前にパミーナが現れるが、沈黙を破るわけにはいかない。パミーナはタミーノに愛想尽かされたと勘違いし、悲しみに暮れてその場を去っていく。パミーナは悲しみのあまり、母親(女王)からザラストロを殺すようにと言われた剣で自殺をしようとする。そこに3人の少年が現れ、タミーノのもとへと導く。タミーノは次の試練に向かうところで、危険な試練に行くのを止めようとする。タミーノはそれを聞き入れず、ザラストロらと出発する。
 一方、女王らをザラストロの城に案内してきた人物がいた。モノスタトスは女王側に寝返ったのだ。しかし、女王は光にやぶれ、ザラストロは「太陽が夜に打ち勝った」と宣言する。





●感想、思ったこと(ネタバレあり)
 109シネマズにて鑑賞したのですが、夏になってからこの映画館に3回行っていますが、毎回寒い!2度あることは3度あると思い、3回目の今回は温度計を持参。上映中20℃~27℃で温度が変動。20℃ですよ!むちゃくちゃ寒い。ブランケットを借りていたのですが、それにくるまっても寒い。隣にいた女性は新聞を取り出してくるまる始末。あげくには出て行ってしまいました。反対の女性もブランケットに身を包み、斜め前にいたカップルも出て行ってしまいました。他にも一度出てブランケットを持って戻ってくる人も。109シネマズチーム・マイナス6%に参加しているらしいのですが、エアコンそんなに入れて何がCO2削減だ!と言いたくなる。CO2削減以前にお客に不快を与えているとしか思えない。
 そんな過酷な中での鑑賞ですが・・・。実は魔笛(ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのオペラ)と魔王(シューベルト)と勘違いしてました。(^^ゞ それほど知らない僕です。
 ミュージカルは何度か観たことあるのですが、オペラは観たことがないんです。(と言ってもオペラとミュージカルの決定的な違いはなく、オペラはマイクがない、オーケストラ。ミュージカルは弦楽器を使わない、マイクを使うというという分類がある。またオペラはクラシカル、ミュージカルはポップ的という分類もある。)やっぱり映画だけあってCGもふんだんに使った美しい映像は圧巻です。ドルビーサラウンドの迫力の音楽も迫力。もちろん衣装だってきれいです。
 でも正直ストーリーがよくわからない。あの少年はなんなの?戦場に子供がいるのがおかしいし、どこでも入り込んでくる。日本の座敷童みたいなものなの?ザラストロの城まで案内していたので女王の見方かと思いきや、タミーノらがザラストロ側についても味方しているし。
 パミーナも愛想つかされたと思った後、タミーノが試練に出かける時に会えて誤解が解けたのかと思いきや、また自殺しようとするし・・・。そもそも一目惚れで振られて自殺していたら、命がいくつあっても足りません。(って、それは俺だけ?)
 他にもなんでそうなの?とかそれってどういうこと?ってのがあって、少なくとも1回観ただけではストーリーが理解できませんでした。
 オペラを知っている人は、「何で舞台が戦場なの?」と良いながらも高得点をつけているブロガーさんが多いけれど、僕的にはちょっと理解に苦しむ作品でした。



観て良かった度:●○○○○





※1:一部商品を除きます。注文時にご確認ください。
※2:当記事掲載時です。実際の送料は注文時にご確認ください。






この記事へのコメント

2007年08月28日 22:30
TB、有難うございました。
この作品は途中で善悪が逆転するので分かりづらいですよね。
しかも中立的な立場のキャラもいるわけですし。
そのあたりの分かりにくさもあるんですが、やっぱりモーツァルトの最高傑作とも呼ばれているんですねぇ(苦笑)。
2007年08月28日 23:54
エクスカリバーさん、コメントありがとうございます。
そうですね~。試練って言うのも結局何だったのかよくわからなかったし。正直言って何で最高傑作と呼ばれるのか・・・。
やっぱり僕は高尚なオペラは向かないようです。(涙)
K
2007年08月29日 01:00
ずっと観たいのに観ていなかったこの映画。
よしなしごとさんが星ひとつってことで、多分私はこの先観ることは無いでしょうね。
109ってそんなに寒かったっけ?映画館は基本的にどこも寒いので、そなえつけのブランケットに頼らず自分でショールとか持参してます。
映画館はそれでも快適なほうで試写会場となると、どこも殺人的な寒さに悩まされます。今日は新橋Yホールに行って、前回寒かったから映画が始まる前に「風を弱くしてください」って頼んだおかげで私は快適に映画を楽しめました。なのに、、、映画終わってから一緒に行ったダンナが「暑かったー」だって。同じ家に住む人間でもこれだけ感じ方違うんだから、映画館とか会社の温度設定って難しいですよね(ちなみに今日観たのは、『夜の上海』。私はつまんなかったのに、ダンナは結構面白かったらしい、、、)。
2007年08月29日 03:18
Kさん、こんばんは。
最近上映が終わりそうな時期に行っているので9,10番シアターなんです。そこ特有なのかもしれませんね。

映画、オペラ座の怪人を観てミュージカルにはまってしまった僕ですが、魔笛はダメでした。。。
最近映画の回数減っているなぁ~。
とらねこ
2007年08月30日 15:38
私も、パミーノの自殺うんぬんは、意味が分かりませんでしたし、気まぐれで人騒がせな女性にしか思えませんでした。
2007年08月30日 23:09
とらねこさん、コメントありがとうございます。
うんうん。気まぐれで人騒がせ、そして自己チューな感じですよね。そう言う人は、死ぬ死ぬと言いながら死なない人が多そうです。(笑)

この記事へのトラックバック

  • 魔笛

    Excerpt: 美しい丘に迷路のように掘られた塹壕。 夜の女王(リューボフ・ベトロヴァ)の軍の兵士タミーノ(ジョセフ・カイザー)は、一命を3人の従軍看護婦に救われた。 Weblog: I am invincible ! racked: 2007-08-28 20:47
  • 魔笛/ジョセフ・カイザー

    Excerpt: かの有名なモーツァルトの最高傑作オペラの映画化。古代エジプトの神話の世界の物語を第一次世界大戦下のヨーロッパを背景にアレンジした寓話的な男女の恋と平和へのメッセージを綴る物語です。 出演はその他に、.. Weblog: カノンな日々 racked: 2007-08-28 21:30
  • 『魔笛』

    Excerpt: 最近は、俳優というよりもシェークスピアものの映画監督として活躍の英国のケネス・ブラナーが、毎日モーツァルトを聴きながら3年半という歳月をかけて映画製作に挑んだのが、なんとモーツァルトの最高傑作といわれ.. Weblog: 千の天使がバスケットボールする racked: 2007-08-28 22:07
  • 『魔笛』(2006)

    Excerpt: 囚われのお姫さまを、魔法の力を借りて王子さまが救い出すというお話はファンタジーの定番。それだけじゃなく、途中で善悪の価値観がガラッと逆転するという面白さもある、モーツァルトが最晩年に作曲し、かつ最高傑.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2007-08-28 22:27
  • *魔笛*

    Excerpt: ***STORY*** 第一次世界大戦下の塹壕で、若い兵士タミーノは毒ガスに命を狙われ気絶する。それを救ったのは夜の女王の侍女を務める三人の従軍看護婦だった。タミーノの前に現れた夜の女王は、さらわれた.. Weblog: Cartouche racked: 2007-08-28 22:47
  • 映画『魔笛』

    Excerpt: 東京で…あんまりにも暑いので、時間つぶしに入った映画館でやっていたのがこちら。こ Weblog: いんどあかめさん日記 racked: 2007-08-28 23:10
  • 映画「魔笛」の日本人墓碑銘の謎

    Excerpt: 第一次世界大戦の戦場を蛇のようにうねる塹壕はモーツァルトのオリジナル歌劇「魔笛」で王子タミーノを襲う大蛇に擬せられているようだ。当時の毒ガス兵器も毒蛇の形で出て来る。高音で歌う夜の女王の口から吐き出さ.. Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン racked: 2007-08-28 23:33
  • 魔笛 53点(100点満点中)

    Excerpt: 誰が吹くのか不思議な笛だ 公式サイト これまでにも何作も映画化されているモーツァルト作曲による歌劇を、シェイクスピア作品を多く手がけてきたケネス・ブラナー監督が新解釈で映画化。 原典との大きな違い.. Weblog: (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) racked: 2007-08-28 23:41
  • 魔笛

    Excerpt: モーツアルトが生涯 最後に完成させた オペラの映画化ですから ぜひ観たいと思っていました。 オリジナルの舞台は、 時代不詳のエジプトですが 今回は第1次世界大戦前夜の ヨーロッパを舞台に 作られていま.. Weblog: ルナのシネマ缶 racked: 2007-08-28 23:43
  • 魔笛

    Excerpt: なぜ英語で歌うのか?!モーツァルトの魔笛ほど有名な作品で、本物の歌手を使うなら英語圏でも歌は独語でいくべきだ。才人ブラナーらしく、時代設定を20世紀に置き換えるが、もとが荒唐無稽な話なのであまり意味を.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 racked: 2007-08-28 23:44
  • 「魔笛」

    Excerpt: あ、モーツァルトのオペラだ!というだけの知識で即、買ってました、前売券。 いえ、とくにオペラ・ファンというわけではないのですが、ましてや、モーツァルト好きということもなく…。 ただ、オペラは嫌いではあ.. Weblog: 或る日の出来事 racked: 2007-08-29 00:19
  • 愛と叡智が世界を救う

    Excerpt: 211「魔笛」(イギリス)  第1次世界大戦前夜のヨーロッパ。戦場で命を失いかけた兵士タミーノは、夜の女王に仕える3人の侍女に救われる。女王から、暗黒卿ザラストロに誘拐された娘パミーノを救い出してほし.. Weblog: CINECHANの映画感想 racked: 2007-08-29 00:32
  • 「魔笛」★★★★★

    Excerpt: '06年製作、監督・脚本ケネス・ブラナー、音楽ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト、出演ジョセフ・カイザー 、エイミー・カーソン、ルネ・パーぺ 、リューボフ・ペドロヴァ、ベンジャミン・デイ・デイビ.. Weblog: JoJo気分で映画三昧!+α racked: 2007-08-29 00:51
  • 「魔笛」

    Excerpt: 2006年/イギリス  監督/ケネス・ブラナー  出演/ジョセフ・カイザー      エイミー・カーソン  モーツァルトの傑作オペラをケネス・ブラナーが映画化した作品。舞台を第一次世界大戦のヨーロッ.. Weblog: It's a wonderful cinema racked: 2007-08-29 01:28
  • ★★★「魔笛」ジョセフ・カイザー、エイミー・カーソン、ベンジ...

    Excerpt: 歌はいいけど、わざわざ第1次世界大戦の物語に変更しなくていいのではと思った。皆、すぐに首を吊ろうとしたり、写真だけで恋する姿が単純すぎて、とても滑稽に感じた。オリジナル同様、古代エジプトの不思議なファ.. Weblog: こぶたのベイブウ映画日記 racked: 2007-08-29 01:32
  • 魔笛

    Excerpt: ○THE MAGIC FLUTE ○2006イギリス/139min[◆◆◆◆◆◇]音楽 ○音楽/ファンタジー/コメディ 公開2007/07/14 【右下の顔写真は、上からエイミー・カーソン(パミ.. Weblog: Big Screen racked: 2007-08-29 04:50
  • 『魔笛』

    Excerpt: 初めて観る、ミュージカルのようなシネマオペラ。モーツァルトの耳馴染みのある旋律がいっぱいに詰まった、目と耳で体感する映画『魔笛』(『THE MAGIC FLUTE』) 映画「魔笛」オリジナル・サ.. Weblog: 試写会帰りに racked: 2007-08-29 07:43
  • 魔笛

    Excerpt: 【鑑賞】テアトルタイムズスクエア 【日本公開日】2007年7月14日 【製作年/製作国】2006/イギリス 【監督】ケネス・ブラナー 【出演】ジョセフ・カイザー/エイミー・カーソン/ルネ・パーペ/オム.. Weblog: caramelの映画日記 racked: 2007-08-29 20:20
  • 魔笛

    Excerpt:  『奇跡の音色が世界に愛を咲かす』  コチラの「魔笛」は、7/14公開になったモーツァルトの最後にして最高のオペラを、シェイクスピア役者でありシェイクスピア劇の映画化には定評のあるケネス・ブラナー監.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2007-08-29 23:32
  • オペラ映画の誕生「魔笛」

    Excerpt: モーツァルトの「魔笛」のオープニングの曲に合わせ、俯瞰映像から個別の映像へ、やがて俯瞰映像へ移っていくオープニングが素晴らしい。太陽の光から春の野原、スミレに移り、その花を摘んだ男の手が塹壕に入る。時.. Weblog: 再出発日記 racked: 2007-08-30 13:02
  • #116.魔笛

    Excerpt:   だめだぁ~、眠くなる~~~~・・・・・・   Weblog: レザボアCATs racked: 2007-08-30 15:40
  • 「魔笛」 オペラを全く知らないのに・・・

    Excerpt: 「のだめ」の影響で多少はクラッシックを聞くようになったとはいえ、ほとんどオペラな Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2007-08-30 21:59
  • 魔笛

    Excerpt: 映画とオペラの最高に贅沢で幸せな出遭い!_魔法の笛に導かれて出会った恋人たちのロマンチック・ファンタジー!!_ 第一次世界大戦前夜のヨーロッパに舞台を置き換えて描かれる物語の主人公は、兵士タミーノ(.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2007-08-31 23:57
  • 魔笛

    Excerpt: 9月17日(月) 16:30~ テアトルタイムズスクエア 料金:0円(テアトル会員Club-Cポイント使用) パンフ:600円 『魔笛』公式サイト モーツァルトのオペラを第一次大戦の舞台に.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2007-09-19 18:50
  • 『魔笛』を観たぞ~!

    Excerpt: 『魔笛』を観ましたモーツァルトの傑作オペラを、シェークスピア役者として知られるイギリスの演技派俳優ケネス・ブラナーが映画化したオペラ劇です>>『魔笛』関連原題: THEMAGICFLUTEジャンル: .. Weblog: おきらく楽天 映画生活 racked: 2009-09-03 22:41