ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ 観てきました。



 実話をもとに作られたお話、ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へを観てきました。


●ストーリー(ネタバレあり)
 世界最大級の美ら海水族館。新任獣医としてやってきた植村一也(松山ケンイチ)の仕事は、イルカの餌となる冷凍魚のヒレを切り落とすこと。それが終わればプールの掃除に、バケツの清掃。俺は飼育員ではなく獣医なのにと不満を持っていた。ある日その不満を仲村課長(利重剛)にぶつけると、「イルカのことを知らなければ治療もできない。データを見るだけの獣医ならここに入らない。それが館長(山崎努)の方針だ。」と言われる。
 イルカのことを第一に考える先輩飼育員の比嘉(池内博之)ともぶつかり合い、七海(永作博美)の店で昼食にソーキカレーを食べる毎日。
 そんなある日事件は起こった。30年前にここに来てから3頭もの子供を産んだビッグマザーことフジの尾ヒレが感染症によって腐り始めたのだ。「腐敗臭がしますね。腐り始めてます。」と診断する植村に「そんなことはわかってる!獣医のくせに何でこうなる前にわからねぇんだよ!」と比嘉が罵声を浴びせ、喧嘩が始まる。ユリ(坂井真紀)らは「そんなことしている場合じゃないでしょ!」と止めに入る。
 フジを他のイルカたちから隔離し、餌と一緒に抗生物質を投与する植村。しかしフジはどんどん弱っていき、餌も食べられなくなっていく。そして点滴に切り替える。
 植村は課長に「フジの尾びれを切除するしかないと思います。フジと同じ症例のイルカはこのままではみんな死んでいます。」それを聞いた比嘉が大声を上げる。「それで元気にならなかったらどうするんだよ?!」と。植村は「切除しなければ確実に死にます。」と答える。
 男を追って出ていった母親に取り残され、植村の家の近くでオジイ(上間宗男)と二人で暮らすミチル(高畑充希)は、学校にも行かずに毎日イルカプールに来ていた。ミチルは手術前日、植村を呼び止める。「フジを助けて。」
 そして手術当日。レーザーメスで丁寧に尾びれを切り取る。
 フジは次第に元気になってきた。さらなる壊死は発生せず、他のイルカたちと同じラグーンプールに戻された。しかしフジはプールで浮かんでいるだけ。ほとんどの尾びれを切り取られたフジは泳ぐことができなくなってしまったのだ。運動量が減ったフジは太り始め、血中コレステロールも極端に増加してきた。人間で言う成人病だ。
 そんなフジを見てミチルが植村に言う。「泳げないイルカはイルカじゃない!」と。
 命は取り留めたものの、泳ぐこともできないフジ。フジにとってそれは幸せなことなのか?疑問を感じた植村は、ある計画を思いつく。イルカの人工尾びれを作ろうと。課長や館長の許可を得て植村は東京のタイヤメーカー・ブリヂストンにお願いに行った。「いや~、うちは生物は扱ったことないので。」と乗る気ではない社員達。「アメリカのタイヤメーカーがウミガメの手ヒレをゴムで作ったことがあるんです。もう一度フジを泳がせてあげたいんです。お願いします。」と懸命の植村に、「ちょっと社内で検討させてください。」と答える技術者の須藤。
 沖縄に帰ってきた植村は毎日須藤からの連絡を待っていた。そして数日後、OKの返事が。
 須藤が美ら海水族館にやって来て、フジの切り取られた尾ビレの型を取った。それを社内に持ち帰り、尾ビレを作る須藤。その間植村らは異物を取り付けられてもいやがらないようにするための訓練をフジにしていた。
 そしてその結果が水族館に届いた。植村やユリ、比嘉らは早速ヒレを取り付けた。フジはとまどいながらも泳ぎ始めた!その日は須藤や植村、比嘉、課長、みんなで祝杯をあげた。「自分の仕事を始めて娘が褒めてくれました。」と語る須藤もフジが泳いだことは他人事ではない。
 しかし事件が起こった。フジがジャンプをしようとした瞬間、ヒレが壊れ、フジも尾ヒレを怪我をしてしまった。
 「もう、やめよう。怪我したところからまた感染したらどうするんだ!」と比嘉。「ヒレをつけたことで泳ぎを思い出したんです。」と食い下がらない植村。
 数日後、植村は新しく作った人工尾ヒレを比嘉に突き出し、「人工尾ヒレをフジに見せてフジが寄ってきたらフジにもう一度つけてあげてください。」と頼んだ。断る比嘉に対して課長が「やってみろ」と言う。
 比嘉はフジにヒレを見せながらつぶやく「来るなよ。来るなよ。」しかし、フジは見事にヒレに近寄ってきた。フジは泳ぎたがっているのだ。
 みんながフジに生きることを教えられた。そうミチルも。今まで許せなかった母親を受け入れ、東京にいる母親に会いに行くことを決めた。





●感想、思ったこと(ネタバレなし)
 映画と全然関係ないところで、映画を観ながら気になって気になってしょうがないことが。。。それはミチルが男の子なのか、女の子なのか・・・?と言うこと。風体は男の子のように見える。短パンにマウンテンバイクですから。台詞もほとんどないし。少ない台詞の声は高いから女の子?でも変声期前?ミチルという名前は女の子っぽいしなぁ。そんなことを考えながら観てました。結局終盤にお母さんからの贈り物の服を着るまで確信が持てなかったです。。。
 2点目は飼育員がCROCSのサンダルを履いていたこと。以前からCROCSのサンダルに興味あるんですよね。海に行くとき、ボートとか滑るので滑らないサンダルが欲しいなと思っていたんです。で、買ったのが魚サン(ギョサン)。漁港で使われているからこういう名前がついたそうです。確かに滑らないんですが、親指の股が痛いんですよね。CROCSなら痛くなさそうだし、しかも滑りやすいプールサイドなどで飼育員が使っているなら間違えなさそうだし。と言うことで欲しいなぁと思っているんです。
 でもCROCSは2004年にできたもの。フジの手術がされたのは2002年。だから忠実に再現するならば飼育員はCROCSを履いているわけがないんです。まあ、そんな細かいところ突っ込むところじゃないというのはわかっているのですが。
 最後は、美ら海水族館自体。何度か行ったことがありますが、裏方を少しでも見られたのは嬉しかったです。あぁ~、世界最大の7,500m3の大水槽に潜りたいなぁ~。


 映画としては、メインのストーリーは面白いのですが、サブのストーリーがちょっと物足りない感じ。ミチルの心の変化というか成長はもう少し丁寧に描いて欲しかったのですが。後は個人的にはもう少し人工ヒレを作る難しさってのも表現して欲しかった。なんか簡単に作れてしまってちょっと拍子抜け。でも総評として、とてもすばらしい映画だったと思います。
 いろいろ考えさせるところも。それは人間のエゴ。植村も比嘉もフジのことを考えているけど、意見は対立している。ホントはフジにとってみればどっちも迷惑な話なのかもしれない。大海原に帰せよ!って思っているかもしれない。うちも犬を飼っているけど、うちに来て幸せなのかなぁ?って考えちゃいます。
 違和感があった台詞も。館長の「イルカを見たいというお客さんがいる以上、イルカたちに快適に暮らしてもらうように努力しなくてはいけない。」というような内容の台詞。水族館にもよると思いますが、僕の中では水族館はお客さんに魚などを見せるのが目的ではなく、第一の目的は魚などの生物(水生生物)の生態等を研究することだと思っています。だから水生生物に快適な(自然に近い)環境を提供するのは当然のことだと思っています。そんなことを書いたら、水生生物に「僕らを飼っているのは人間のエゴだろ」って怒られちゃうかもしれませんが。。。



観て良かった度:●●●●●



水族館ではなく、御蔵島のイルカ。一昨年行ってきたときの写真です。

こんなに近くまで寄ってきてくれるんです。

また行きたいなぁ~。

こちらは美ら海水族館の巨大水槽のジンベイザメ。







※1:一部商品を除きます。注文時にご確認ください。
※2:当記事掲載時です。実際の送料は注文時にご確認ください。






この記事へのコメント

2007年07月22日 17:16
こんにちわ!海のイメージが涼しげな、素敵なブログですね♪
TBありがとうございます、こちらからも返させていただきました(^^)

色鮮やかに目立っていたあのサンダル、当時はまだなかったんですか??
監督、みづきちゃんのビーチサンダルにはこだわって、足下が運動靴だったから取り直した場面があったそうですが、飼育員のサンダルには目が届かなかった?

彼女の性別は……胸の膨らみがはっきりありましたよー(><)せっかく中性的な娘なので、さらしでも巻いて、もっと曖昧にしてくれてもいいのに、と思ってみてました。

ちゅら海水族館、行ってみたいです!
2007年07月22日 19:28
じゃすみんさん、コメントありがとうございます。
最後のワンピースを引き立てるためなのかな?でもあんまりあのワンピかわいくない・・・。
美ら海水族館のあの大水槽は圧巻ですよ!那覇からちょっと遠いけど、機会があればぜひ観てみてください!と言いつつ、僕もイルカショーは見たことないんですけど。
masya
2007年07月22日 23:09
実話を基にした作品の限界が感じられて、映画としてはちょっと期待はずれでした。

動物と子供が出てくる映画はヒットすると言いますが、この作品には華がない。
重鎮、山崎努は相変わらず「伊丹映画」だし、松山君に至ってはデスノートに名前が書かれたんじゃないかというくらい平凡で「おじけづいたような」演技でした。

幾つかのエピソードが絡み合っているんだけれど、何か、チグハグで面白くなかったです。逆に、安心して観賞しましたけどね。
こういう題材は劇場公開ではなく、連続テレビドラマのように細かく制作した方がいいんじゃないでしょうか?

そんな中でも、お勧めのシーンはありました。冒頭、山崎努が水族館の巨大な水槽の前にあぐらをかいて魚たちを眺めているシーンはとても美しく感嘆しました。
2007年07月22日 23:29
俺も、ドルフィンブルー観ました。
確かに人間のエゴ的な部分があるかもしれないけど、最後にブルーの矯正おびれをつけて、宙に舞った姿は感動的でしたね!
2007年07月23日 00:23
●masyaさん、こんばんは。
masyaさん芸術派ですね~。冒頭の山崎努のシーンはいろんな意味で美しかったです。あのシーンは僕も感動しました。これからどんな映画がはじまるんだろう!って期待もふくらみました。
僕がダイビングをしていなかったら、イルカと泳いだことがなければ観て良かった度は3か4だったでしょう。
短めの時間設定なんだから、もう少し長くしてでもエピソードを丁寧に描いて欲しかったです。

●etsushisさん、コメントありがとうございます。
ホント、最後フジが元気に宙を舞う姿は安堵感でいっぱいですよね~。観てさわやかになった映画でした。
K
2007年07月24日 00:09
松ケン目当てに、初日舞台挨拶付で観て来ました。
彼が出ていることと関係無く、ダイバーなら見てて癒される風景がいっぱいある映画ですよね。何の音も無くスクリーンに水槽がずっと映っているシーンが好きです。
私が一番疑問に思ったのは、館長がおジイと一緒に縁側でお酒を飲むシーンで壺入り泡盛を飲んでいるところ。普通晩酌で壺入り泡盛飲まないでしょう。それとも入れ物だけリサイクルして使っているってこと?
それから私はミチルの存在意義がよくわからなかった。多分現実ではあの子は存在しなかったと思うし、ホリプロ制作の映画らしいので、単純に宣伝の一環として松ケンにくっつけて出したとしか思えません。
それにしても公開3週目なのに、川崎ではもう今週で終わっちゃうんですよね。寂しいかぎり。
2007年07月24日 05:14
Kさん、コメントありがとうございます。
僕らが自分へのご褒美として壺入りの泡盛を飲むことはあるけど、現地の人が壺入りって無いかもしれませんね。でも僕も壺を再利用していますよ。別の焼酎入れて炭入れたり・・・。
便から注ぐよりおいしそうじゃないですか。(炭入れて変わるかまで僕は味わかりませんが)

おそらくミチルの話ももっと脚本をしっかりしてくれれば効果的な話になったと思うのですが、ちょっと中途半端でしたね。
masya
2007年07月26日 11:11
中央区のブリジストン本社のショウウィンドウに「人口尾びれ」とこの映画のパネルが展示されています。
昨日、営業中に発見しました。
2007年07月26日 18:30
masyaさん、こんにちは。
へぇ~、ショーウインドウにね~。おそらくブリヂストンにとってそれ自体はお金にならないでしょうが、おそらく開発費用以上の宣伝効果は得てますよね。
ちなみに、海洋研究開発機構 横須賀本部には、「日本沈没」の出演者のサイン入りパネルが飾ってありましたよ。

この記事へのトラックバック

  • 「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」☆☆☆

    Excerpt: 実在する獣医さんの物語。尾ひれを失ったイルカに、ゴム製人工尾びれを作ってあげた沖縄ちゅら海水族館での実話は有名なので、これ以上なにを?だったのですが……はい、獣医役:松山ケンイチくん目当てで行ってきま.. Weblog: ドラマでポン! racked: 2007-07-22 17:04
  • 「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」★★★☆

    Excerpt: '07年製作、主演 松山ケンイチさん、イルカのフジ 共演高畑充希さん、西山茉希さん、永作博美 さん、山崎努さん他による感動ドラマ。 東京から沖縄・美ら海水族館に赴任してきた新米獣医・植村。眼前に.. Weblog: JoJo気分で映画三昧!+α racked: 2007-07-22 18:08
  • ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ/松山ケンイチ

    Excerpt: 上の★4つは参考にはしないでください、しちゃダメです。映画としてはなんだか雑な作りにちょっとイラっともするんですけど、実話をベースした上での動物と子供と子供みたいな青年(笑)のピュアピュアパワーにやら.. Weblog: カノンな日々 racked: 2007-07-22 18:10
  • ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ 19点(100点満点中)

    Excerpt: スパーク! 海へ 公式サイト 沖縄美ら海水族館に実在するイルカ、フジをめぐる実話を綴った、岩貞るみこ著のノンフィクション本、『もういちど宙へ』を原案とし、創作の人物、エピソードを追加して映画化された.. Weblog: (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) racked: 2007-07-22 21:30
  • ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ☆独り言

    Excerpt: あ、そういえばオンライン試写会今日だったなぁ~っと思い出したのは、試写会が終わる10分前^^;まっさか当たってると思わなかったので・・・チェック甘かった~~~大丈夫かな?っとアクセスすると、ちゃんと観.. Weblog: 黒猫のうたた寝 racked: 2007-07-22 21:40
  • ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ

    Excerpt: この映画の隠れた見所は、日本人が得意の“もの作り”で力量を発揮する、尾びれを作った技術者の熱意かもしれない。沖縄の水族館に赴任した新米獣医が尾びれを失ったイルカのフジを助けた実話は、青年の成長物語でも.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 racked: 2007-07-22 22:57
  • ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ

    Excerpt: 原因不明の病気のために尾びれを失ったバンドウイルカのフジ。新米獣医の植村は、フジが再び泳げるようになる事を願って、世界初の「人口尾びれ開発プロジェクト」を立ち上げる。はたしてフジは再び泳ぐ力を取り戻.. Weblog: 5125年映画の旅 racked: 2007-07-23 06:49
  • ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ

    Excerpt: 映画「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」の感想です Weblog: ジャスの部屋 -映画とゲーム- racked: 2007-07-23 10:48
  • 『 ドルフィン・ブルー フジ、もういちど宙へ 』

    Excerpt: 映画 『  ドルフィン・ブルー フジ、もういちど宙へ 』[劇場鑑賞] 2007年:日本 【2007年7月7日公開】[ 上映劇場  ] 監督:前田哲 脚本:川嶋澄乃 原案:岩貞るみこ 「もういちど宙.. Weblog: やっぱり邦画好き… racked: 2007-07-23 12:02
  • 「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」人間とイルカの意思疎通し合った先にみた実話の再生ドキュメンタリーストーリー

    Excerpt: 「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」は30年以上生きているイルカのフジが原因不明の病気で尾びれを切除して泳げなくなったフジをもう1度泳げるようになってほしいと人口の尾びれを作って実際に泳げるまで.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2007-07-24 01:20
  • 『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ』

    Excerpt: 感動度[:ハート:][:ハート:]           2007/07/07公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:] 癒し度[:おはな:][:おはな:] 満足度[:星:][:星:][:星:]  .. Weblog: アンディの日記 シネマ版 racked: 2007-07-25 17:59
  • 松山ケンイチ Lに賭けろ!

    Excerpt: 東劇他全国100スクリーンで公開されました「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙 Weblog: 映画コンサルタント日記 racked: 2007-07-25 21:55
  • ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ 映画

    Excerpt: ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ 映画情報 尾びれが突然壊死してしまった海水族館の人気者、バンドウイルカのフジを助けるため、 新米獣医が奔走する人間とイルカの交流を描く感動物語 獣医役の松山ケン.. Weblog: 映画情報ガイド racked: 2007-08-01 13:17
  • 【ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ】

    Excerpt: 監督    ≪ 前田哲 脚本    ≪ 川嶋澄乃 製作年度 ≪ 2007年 日本公開 ≪ 2007年7月7日 上映時間 ≪ 1時間45分 製作国   ≪ 日本 配給    ≪ 松竹 CAST   ≪ .. Weblog: +++ Candy Cinema +++ racked: 2007-10-22 09:11
  • イルカの夢

    Excerpt: 「ドルフィンブルー,フジ,もういちど宙へ」 「パプリカ」 Weblog: Akira's VOICE racked: 2007-12-11 15:43
  • 『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ』'07・日

    Excerpt: あらすじ沖縄美ら海水族館に、意気揚々と赴任した新米の獣医植村一也を待っていたのは、飼育員の作業。それはイルカのことを、よく知らなければ治療はできないと考える館長の方針だった。理想と現実のギャップに思い.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2008-09-08 08:28